私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

≪坂を下って(3)日伯協会・出石さん≫ 神戸新聞WEB版より

■明治期青年が移民の道開く 原点記す回想録を現代語訳


00000 a 1 aa izusi koube sinnbunn 1
現代語訳した「椰子の葉風」を手にする出石美知子さん=神戸市中央区山本通3


00000 a 1 aa izusi koube sinnbun 2
鈴木貞次郎(山形県大石田町提供)

 海外移住と文化の交流センター(神戸市中央区山本通3)で気になる冊子と出合った。

 手書きされたタイトルは「椰子(やし)の葉風」。ブラジル移民の父といわれる鈴木貞次郎(1879~1970年)の回想録を、日伯協会のボランティア出石美知子さん(76)が、5年掛かりで現代語訳した私家版だ。

 ブラジルや移民とは無縁だった出石さんが、知人の紹介でボランティアを始めたのは2009年。「なぜブラジルが移住先だったのか、とよく尋ねられるのですが、当時の私にとっても最大の疑問でした」

 きっかけは、1905年に杉村濬(ふかし)公使が外務省に送付した「復命書」。サンパウロ州が移住先としていかに有望かを説き、新聞にも掲載された。

 気候は好適、賃金に不利益はなく、権利は平等-。「いいことずくめで、これなら行きたくなるはずだと納得しました」。同協会の常任理事だった故黒田公男さんに鈴木貞次郎の存在を教えられ、鈴木が同協会の会報「ブラジル」に18回にわたって寄稿した「椰子-」を読み始めた。

 「彼の働きで『日本人は信頼できる』という認識が現地に広まったんです」

    ◇

 鈴木は山形県出身。1905年にチリ入植を志し、横浜を出発したが、船中で知り合った「皇国殖民会社」の水野龍(りょう)に復命書を見せられ行き先を変更、水野と共にサンパウロ州で移民の受け入れ交渉を行った。

 出石さんが心を引かれたのは、鈴木のブラジル滞在1年目の姿だ。

 「水野は日本を知らない現地の有力者を説得するため、『彼の働きを見て日本人を判断してほしい』と、鈴木を置いて一時帰国してしまうんです」

 思わぬ形で“日本代表”となった鈴木は、コーヒー農園で懸命に働きながら、水野が戻るのを待った。

 「雇用契約さえ結んでおらず、ほかの移民よりはるかに低い給料で働いた」。そして、下働きから農園の事務、現地の移民収容所の書記へと、少しずつ仕事を任されていく。

 出石さんの心を捉えたのもうなずける、明治青年の激動の日々。その暮らしぶりを、出石さんの現代語訳からさらに紹介したい。(伊田雄馬)

LIVEDOOR BLOGの7月実績に付いて!!

自分のBLOGを良く知る意味でその月の実績を知っておくことは、大切だと思うので毎月の実績を残して置くことにします。
LIVEDOORには、総訪問者数というのが明記されており7月末で総訪問者数が5955人になっていた。6月末には、5023人だったので7月中に932人の新しい訪問者があったことになる。毎日30人の新しい人が初めて訪問して呉れたことになる。有難いことです。BLOGを始めたのが昨年の5月26日との事。YAHOOからの移転記事を含めて総更新数が10093と1万件に達している。
7月訪問者が2133人となっており1日平均68人になりその半数近くが初めて訪問して呉れていることになる。
7月の更新件数は、115件でアメブロと粗同数になる。1日4件近い更新になる。回数としてはこれが限度だと思う。コメント数が112件になっているがこれは皆さんの書き込みを丹念にコメント欄に残す作業が大変です。
7月の人気番組では徳力さんの知って置きたい日本の歴史(3)がダントツで62回、3位に駒形さんの日本の恥などとんでもないが入り、4位が杉井さんのライダイハン像、5位が深沢さんの大作、日本移民と感染症との闘いが入り7位に榎原さんのモンテアレグレの運動会、8位が出石さんの杉村公使の話、10位が中島さんのクリストレイが入っている。
さて8月は?皆さん振るって書き込みを楽しんで下さい。


IMG_8322

IMG_8321

IMG_8319

IMG_8320


広島平和記念式典遠隔参列8月6日アルゼンチンをはじめスペイン語圏の人達と遠隔参列しよう!長崎平和祈念式典8月9日 相川知子さんからのお便りです。


お世話になっております。全国強制予防隔離生活ももう
4か月以上のアルゼンチン、ブエノスアイレスからです。

コロナ禍でスティホームの今、日本の式典に遠隔参列が可能です。

できないことはたくさんありますが、できることをしようという試み

ご興味のある方にご案内していただければ幸いです。

 

 

広島平和記念式典遠隔参列 アルゼンチンをはじめスペイン語圏の人達と遠隔参列しよう!

El día 5 de agosto desde las 19:40 a 20:45 (Argentina y Uruguay),

18:40 a 19:45 (Chile), 18:40 a 19:45 (España), vamos a asistir a la Ceremonia Conmemorativa por La Paz y nos reuniremos a desear por la paz y por todos!

 

#広島平和記念式典 #遠隔参列

#アルゼンチン をはじめ #スペイン語圏の人達と遠隔参列しよう!

#スペイン語通訳

#遠隔通訳

 

En el mismo, veremos la transmisión en vivo de la Ceremonia Conmemorativa por La Paz de Hiroshima. La ceremonia comienza con las ofrendas de flores y el minuto de silencio se realiza a las 08:15

(Japón) , horas de la caída de la Bomba Atómica, luego la declaración por la paz del intendente de la ciudad de Hiroshim @hiroshima_city_official , de los niños y palabras de los invitados.

 

Fundación Sadako realizará la interpretación al idioma español y acompaña en esta Ceremonia Conmemorativa @asociacionjaponesatucuman la Asociación Japonesa de Tucumán.

お申込みはこちらから

Los que deseen participar, por favor pedimos que nos envíen un mail a sadakoar2020@gmail.com, donde le enviaremos los datos de ZOOM para conectarse.

 

Participación gratuita, sólo gente que tenga ganas de asistir a la ceremonia que, por mas que esté lejos, está lindo estar con Hiroshima, además de desear por la paz mundial y un mundo sin fuerzas nucleares.

https://hiroshimaporlapaz.peatix.com/ Fundacion Sadako https://www.facebook.com/fundacionsadako

la Asociación Japonesa de Tucumán

@asociacionjaponesatucuman

https://www.facebook.com/asociacionjaponesatucuman/

 

 

TAMBIEN NAGASAKI !!!

  Ceremonia de Oraciones por la Paz de Nagsaki

 

El día 8 de agosto desde las 22:35 hasta las 23:40 (Hora Argentina) vamos a asistir desde Argentina, Uruguay, Chile (2240 a 2345) , o de donde estén nos reuniremos a desear por la paz y para todos!

 

El día 9 de agosto desde las 10:35 hasta las 11:40(Hora Japonesa) , veremos la transmisión en vivo de la ceremonia de oraciones por la paz de Nagasaki  (  La ceremonia comienza con el coro de los sobrevivientes, las ofrendas de flores y El SILENCIO se realiza a las

1102 por la caida de la ULTIMA Bomba Atómica, luego la declaración por la paz del intendente de la ciudad de Nagasaki y también de los niños, y palabras de los invitados. )

 

Fundacion Sadako realiza interpretación al idioma español.

 

Los que deseen participar, por favor pedimos que nos envíen un mail así los registraremos en ZOOM.

via este sistema

 

Para conseguir la direccion de ZOOM,

En cualqueir consulta a

sadakoar2020@gmail.com

https://nagasakiporlapaz.peatix.com/

 

Tomoko  Aikawa

sadakoar2020@gmail.com

Presidente de la Fundación Sadako

Embajadora de Paz de la ciudad de Hiroshima Asesora Internacional de la Red de Alcaldes por la paz (Mayors for Peace) http://www.mayorsforpeace.org/data/pdf/02_request_otherlanguages/06_request_in_spanish.pdf

(carta de invitación para la afiliación de parte del presidente de la red de alcaldes por la paz ) ULTIMAS NOTICIAS EN ESPANOL http://www.mayorsforpeace.org/english/statement/mailmag/pdf/News_2005_S.pdf

https://www.facebook.com/fundacionsadako/

http://www.fundacionsadako.org/hmain1.aspx

 

INSTAGRAM NGOフンダシオンサダコ  FUNDACION SADAKO

  donde se emite el seminario

de Hiroshima y taller de grullas por la paz vía Internet https://www.instagram.com/fundacionsadako/