私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2006年12月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ブラジルの正月、特にポルトアレグレの正月は暑いのが普通ですが、本当に暑いです。近くの公園では、遠くのバイヤ州からトラックで運んで来た青いココナツの冷たく冷やした水を売っていました。1個3レアイス(150円程度)で天然果樹と言うか甘酸っぱいコッコの水が充分に飲めました。
飲んだことのある方は唾が出てきそうでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クアレズマ(四旬節)と呼ばれる紫色の花が咲き始めました。これは普通カーニバルが終わり四旬節に入る頃に咲くのでクアレズマ(四旬節)と呼ばれています。ポルトアレグレでは綺麗に咲き始めておりジャカランダの花が終わってしまった中紫系の花はとても嬉しいです。事務所に近く散歩道、風車小屋公園にも見かける事が出来ます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

12月28日に今年最後の客先訪問をしましたが、カシアスの町から其の先のフロレスダクンーニアの町まで足を伸ばし昼食を摂りました。フロレスガクーニアの町には有名なお城のような住宅があり、フロレンセと呼ばれる家具工場のオーナーが実際に住んでおり外国のお客さんが家具を買い付けに来た時にはこのお城?の客間に泊めて持成すとのことです。泊めて貰ったバイヤーは、家具を買わざるを得ないでしょうね。
一度泊まってみるか中に見学に入ってみたいお城です。日本の家具商を連れてくれば良いでしょうね。

イメージ 1

愈々年も迫り正月が日本では24時間以内に入っています。ブラジルでも後1日半です。明日の朝には紅白歌合戦を聞く/観る積りです。
2007年度最初の寄稿集を下記の通りUPしました。バーチャル座談会にご自分の名前がなければまだ発言(書き込み)をしていない事になります。1月5日までに是非書き込みをお願いします。

第15回バーチャル座談会【新春放談 行く年、来る年2006/2007!!】(上編)
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1018
今年で4回目になりますが、年末年始には『私たちの40年!!』のMLを媒体にしてバーチャル座談会を開催しております。今年は、第15回バーチャル座談会【新春放談 行く年、来る年2006/2007!!】として12月23日から1月5日までのメンバーの皆さんの書き込みを座談会風に纏めてホームぺージに収録して置くことにしました。幸い今年はMLの健筆家の皆さんが盛り上げて呉れ阪神打線のように繋がって行く座談会になっており3万語(上、中、下3回程度)になる見込みです。既に発言頂いた方、まだご発言の無い方是非ご参加下さい。
写真が3枚必要となりますが、この第1回目の分だけは富士の裾野にお住みのfumikoさんが送って呉れている写真を使用しますがまだ足りませんので何方か送って下さい。

イメージ 1

萩生田総領事に名誉市民権 日伯友好交流への尽力称え サンパウロ新聞

http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1017

ポルトアレグレ総領事館の存続キャンペンを繰り広げましたが結果としては、名を捨て実を取ると言った形で総領事館から格下げとなりクリチーバ総領事館の出張駐在領事事務所と言う呼び名でそのまま領事事務等継続されています。組織上は、クリチーバの萩生田総領事が我々の総領事となりポルトアレグレには出張駐在領事と副領事の2人体制となりました。初代木村領事は、今回帰国されますが、来年2代目の出張駐在領事が赴任して来られます。
ここ3年間は、毎年総領事館問題でその年を締めて来ましたが今年もクリチーバの萩生田総領事がクリチーバの名誉市民権をクリチーバ市議会から授与されたとのニュースがサンパウロ新聞に掲載されておりましたのでこれをお借りして今年も寄稿集の最後にしたいと思います。
写真もサンパウロ新聞掲載文をそのままお借りしました。

↑このページのトップヘ