私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2008年08月

イメージ 1

写真は右から宮崎オーナー、ビュークナー教授、肥塚大使、僕です。


宮崎恒彰様

この度の野球観戦に際しては、僕達カナダのトラキチに望外のホスピタリティーを
賜り、心より御礼申し上げます。今朝、ノボテルで食事しながら肥塚大使とゲーム
内容と岡田監督はじめ阪神の方々の交流、宮崎様のご人格が反映されていると今シー
ズンの優勝間違いなしと心強く意を強くしました。

僕は、タイガース後援会の高橋二郎常任理事のお招きで、今津駅前の居酒屋「虎」
で今津中学の後輩連中と乾杯のジョッキを傾け勝利を祝いました。子供の頃から馴
染みの今津に来たのは55年ぶりでした。「虎」メニューには兄貴金本(焼き肉)
やら巨人のたたき(鰹のたたき)やら、おもろい名前の料理ばっかり。僕の取引先だっ
た極東開発工業の子会社社長をしていた内田さんなんかもよく見える常連だそうで
す。

お陰で充実した日本滞在になりました。母は僕達子供より長生きしそうです。
それでは、トロントで再見再見

丸木英朗 拝

イメージ 1

イメージ 2

移民を詠う早川清貴さんからお便りが届きました。

http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1295

メーリングリストbatepapoの健筆家で歌人でもある早川清貴さんから下記お便りと共に移民を詠った珠玉の10首を送って頂きました。続きを待ちわびる気持です。
『早川です、お変わり無きご様子何よりです、さて先般来お約束いたしました小生の拙作であるブラジルの日本移民に関する<短歌>を下記にお届けします、日本の同人誌編集責任者へ問い合わせていましたが、『御地の移民の方々の、少しでも、慰めとなるなら喜んで……』と言うことで転載の許可が出ましたので、取り敢えず2006年~2007年の十首をお送りしました。
小生の尊敬して止まない移民先駆者を想いつつ日々に浮かんだ時点で書き付けたもので日本の雑誌に掲載されたものです、又中には既連で重複しているものもあるやも知れませんその辺は和田さんにお任せします、貴誌益々のご発展を祈念しつつ。』
適当な写真を探すのに苦労しましたが、日本移民発祥の地と言われるグアタパラ移住地のHPよりお借りした移住地の拓魂碑です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

日本庭園で女性雑誌用の写真を撮影していました。離れたところからだったので女優さんの写真を上手く撮れませんでしたが背が高いモデルさんでした。撮影が終わり車に戻る途中橋の近くですれ違いましたが顔はそれほど魅力的ではなかったようです。年をとると美人を十分評価できなくなるのでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夕刻無事ポルトアレグレに戻って来ました。
金曜日の午後パレルモ公園内にある日本庭園を訪問しました。バスで小学生が先生に連れられて見学に来たり三日間のお花の展示会があったり女性雑誌用の写真撮影とか結構賑わったいました。何回かに分けて写真を貼りつけて置きます。

イメージ 1

丸木さんからの御便りが届きました。BLOGに掲載することにしました。

添付は朝日新聞阪神版
兵庫県立西宮高校、中村友梨香を応援する赤シャツが僕

↑このページのトップヘ