私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2008年10月

イメージ 1

イメージ 2

日本でも見かけた花ですが白い花が綺麗に咲いていました。
何と云ったですかねこの花は?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

原さん
予定通り6時に事務所を出てショピングTOTALまで歩いて行きました。6時半にショピングに到着、UNIMEDの建物から入り元ビール会社の高い煙突の前の正面玄関で20分ほど待ちましたが来られる気配がないので諦めて歩いて戻りましたが途中、貴兄の住んでおられるビルに立ち寄り管理人さんにお願いして外山 脩さんの「百年の水流」をさわやかのマイバッグに入れて預けて置きました。無事受け取ったらご一報ください。帰りに風車小屋公園に立ち寄りましたが沢山の人たちがジョギング、散歩を楽しんでいました。私のジャカランダは既に花が少なくなりもう盛りが過ぎてしまったようです。色々写真の撮りましたのでまたBLOGに貼り付けて置きます。
ではまた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ミナス州のヴィソーザに住む小百合からの便りが届きました。27歳の誕生日は、普段の一日と同じで平穏に幸せに過ごしたとの事です。
地元ロタリークラブ主催の課外事業の一つとして子供たちに土を溶かしたペイントで絵を描く授業を担当して楽しんだそうです。ヴィソーザの町にはこの土を原料にしたペイント外壁も内壁も塗った教会があるとの事です。

Oi, pessoal!

Esse e-mail é pra agradecer o carinho no meu aniversário!

Mais um dia tranqüilo, nada de grandes comemorações mas cada dia mais feliz!

Mando em anexo fotos do Dia da Cidadania. Evento do Rotary com a escola da comunidade de Amoras na área rural de Viçosa. Foi esse sábado! Dei uma oficina de tintas à base de solos. A técnica é uma adaptação do antigo barreado mas pode ser aplicada em paredes externas e internas também. Temos uma igreja aqui em Viçosa toda pintada com as cores da terra!

Amor,

Sayuri

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

RS州第2の都市カシアスドスール市で第17回MERCOPARと云う展示会が10月28日ー31日まで開催されており覗きに行きました。メルコスールと云うのは南米南部諸国、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビアにその後チリが参加した南米南部諸国共同市場の事でその中心地としてのブラジル南部RS州の工業都市カシアスで開催されている展示会で今年で17回目に当たります。単なる展示だけでなしに具体的なBUSSのネゴをする場所でもあり14時からー21時まで開催されていました。
機械関係の日本の会社の参加をCHKする意味で見て回りましたが、工作機械では森精機とFANUCが三井モーションと云う現地会社を通じて参加していました。MAZAKも大きなブースに最新式のマシニングセンター、旋盤等を展示、三菱商事も現地のヂスツリビューターを通じて三菱電機の機会を展示していました。
今回も韓国、中国、台湾の会社が積極的に工作機械を展示していました。
MERUCOPARの展示会の雰囲気を伝える意味で会場風景等を中心に写真を貼りつけて置きます。
展示会入口と近くにあった氷の彫刻像、何とか解けずに形を保っていました。森精機の職員ジョージ黒飛びさんとお会いしましたので一緒に記念写真を取りました。台湾製の工作機械の展示場での一枚も貼り付けて置きます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

先週サンパウロで三菱重工ブラジル会社の仲間の連中5人と夕食を共にしましたが、その時に食べたのがやはり肉料理でしたが、普通のシュラスコと違い何と40時間火に掛けた牛の肋骨の焼いた肉でレストランの名前がCOSTELA NOBRE(RODIZIO de COSTELA de BOI=牛の肋骨食べ放題)で40時間も掛けて焼くと焼くと云うより煮た感じの舌触りで非常に軟らかい肉になります。その中でSPAGETTIと呼ばれる肉が縦にスパゲチー見たいに別れた肉が印象に残りました。RIBS FILET(肋骨のフィレ肉)と云うのも面白かったです。何枚か写真を貼りつけて置きます。5枚の写真はすべて40時間焼いた肋骨の肉ですが最後の一枚は恵子が頼んだデザートです。もの凄い!!

↑このページのトップヘ