私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2009年02月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【魅せられたポルチナーリに付いて】 竹村 朋子さんの寄稿文です。

http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1357

ブラジルの有名画家ポルチナーリに魅せられその虜になり一生の仕事としてポルチナーリの自伝O Menino de Brodosqui を翻訳しておられる元ブラジル駐在員夫人がおられます。YKKブラジル工場勤務のご主人と共にご家族でブラジル来られ二女の沙友理さんが同船者の藤間芳嘉師匠の手ほどきを受けられたとの画像掲示板への書き込みがあり『私たちの40年!!』MLのメンバにもなって頂いている竹村朋子さんです。竹村さんは、ブラジルでの生活に通常の駐在員夫人の道を歩まずポルチナーリとの出会いを大事にしてミナスジェライス州ベロホリゾンチのパンプーリャにある聖フランシスコ教会の聖フランシスコの生涯を描いたタイル画を家族を誘って見に行ったりポルチナーリの生家(博物館)を見に行ったり現在は富山に踊っても辞書を引き引きポルチナーリの自伝を翻訳しておられます。
WIKIPEDIAにあるポルチナーリの説明文を見付けて引用した所、実はそれは私が書き込んだものですとの連絡を受け恥を搔きました。写真も竹村さんご自身が撮られたパンプリーリャにある聖サンフランシスコ教会のものをお借りしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

カーニバルのお陰で今週は、水曜日の午後から始まったので週末を迎えるのが早いです。
散歩の6時に出発しても帰りは真っ暗になります。スーパに寄って帰ると「だんだん」にぎりぎりとなる日もあります。
昨日は、アラブ料理の世界最大のチエン店HABIBSで軽食を取って帰りました。生ビールとカイピリニアがセットになっているのを頼み飲みながらアラブ料理を楽しみました。子供用のKITを頼んだらポパイのDVDをプレゼントに呉れました。明日にでも見てみましょう。
週末は、日曜日に日系クラブで雛祭りの昼食会があるとの連絡が来ていましたので行って見ることにしています。チラシ寿司が食べれるそうです。準備される方達が大変だと思いますが若い人達の集まりは気持ちが良いです。
写真はHABIBSの料理の写真です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ポルトアレグレの街路樹の一つ百日紅は方々で見ることが出来ますが、事務所の前に木の背丈が1メーター以下で地上から10センチ程の所から綺麗な花を付けていますが、園芸的にこのような背丈が低く庭に植えると見栄えのする百日紅は魅力がないでしょうか?種の最終はどうすればよいのですかね?
有隅さんのご意見を聞きたいですね。

イメージ 1

東山農場に三菱瓦 サンパウロ新聞WEB版より

 一月三十一日に実施の第九回日系農協活性化セミナー視察旅行で訪問した聖州カンピーナスの東山農場。敷地内家屋の屋根瓦の上には、三菱財閥の象徴である有名な「家紋」が、デンと鎮座。雨で濡れた樹の緑とは対照的に、塗られた朱色の三菱マークが目にとまった。

 2009年2月21日付

イメージ 1

お疲れ様です♪

ブログの合間にでもコーヒーはいかがですか^^

↑このページのトップヘ