私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2014年02月

マンゲイラとリオのカーニバル 伊豆山さんからのお便りです。
 
皆様
過大なるご声援、有難うございます。皆様のご声援は上智大のルミさんを含め、28名の日本人隊へのものと理解し、有り難く頂きます。メンバー、私以外は、皆、今の日本を背負っている者達と、もう直ぐ日本を背負う若者達です。ブラジルと云う、異文化を体験することで、彼等が一層の国際人として成長することを期待いたします。
マンゲイラは、最も伝統的エスコーラ、デ、サンバです。その文化は保守的で、今、人気のある新しいグループのように、曲芸、奇異に走ることをせず、頑なに伝統を保持しているので、Grupo Especialで優勝、準優勝は近年ありませんが、僕らはその伝統重視に共感を持てるのです。
 
今年、我々が唄うサンバエンレードにも、独特の伝統ブラジル文化を織成し、且、散りばめてあります。
 
一部分をご紹介すると、
vou lavar a escadaria na fé do nosso senhor faço um pedido a rainha Iemanjá ilumine a passarela pra minha escola passar
主(キリスト)への信仰をもって石段を洗い、女神イエマンジャに我らエスコーラ(マンゲイラ)の通道を明るく照らしてくれる様祈る、、、。
と云ったように、ポルトガル人が持込んだカトリックと奴隷がアフリカから持込んだ原始宗教を、分け隔てなく一緒に信仰している黒人中心の下層ブラジル人文化を歌詞として唱っています。
同じブラジルでも、我々が住んでいる南部では感じられない伝統的ブラジル文化を感じさせます。
PS.
昨年の日本人グループ、Bumba隊の集合写真を添付いたします。
真ん中、横向きが多美子リーダー、その直ぐ後ろが、去年の上智大生です。
伊豆山
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2

アトリエ≪和み≫の改修工事12日目!!
 
昨日は、改修工事は予定通り新しい壁を作る為のコンクリート柱の打ち込み作業が行われ2本目の柱のコンクリート打ち作業は終わり4時前には引き上げて行きました。
作業と並行して行われていた枯れ木の根っこ引き抜き作業が朝の9時から12j時、午後1時半から結局豪雨が来た6時過ぎまでに終わらず最後の根っこを引き倒したのが雨の降り続く6時半頃でした。何と大の男が3人掛かりでトラックの上の付けたクレーンを使っての引き抜き作業は大変でした。別途写真で紹介しましょう。この根っこ引き抜き作業が150レアイスで引き受けたそうで簡単に考えていた予算違いの大工事になったようです。3人に心付けとして1000円相当のゴルジェッタを挙げると≪有難う≫と雨の中を機嫌良く帰って行きました。色々な人生があるものだと感心させられる1日でした。
改修工事の関係写真を貼り付けて置きます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9

広橋 勝造さんからのお便りです。
 
和田 様
 
そっと、『私達の40年』を拝見させていただいております。
正直言って、『私達の40年』には危険な意見や面白い意見がたくさんあって、次の小説にだいぶ反映されると思います。
『私達の50年』も配信して下さい。お願い申し上げます。
 
以上
広橋 勝造 サンパウローSP
 
追記-1: 金曜日、良く行っています。
追記ー2: 和田 様のメール文だけが殆んどが字が化けて送られてきます。化け方(種類)から想像しますと、中国政府の閲覧を受けているようです。 ビールス(和田様のメールを盗む、書き換える)もすでに送られているようです。(小説を書くようになってから、こう云う妄想をするようになりました。満更間違っていません)
 
広橋 勝造 
私たちの40!!には危険な意見や面白い意見がおおいのですか?小説の題材にもなるとの事、光栄です。
今後とも宜しく覗いて下さい。
 
追記1 45日(土)サンパウロでブラジル稲門会の総会があるので久し振りに出席する積りにしています。前夜の4日(金)に広橋さんが顔を出されるカラオケの店に立ち寄って見ます。ひょっとするとお会い出来るかも知れませんね。
追記2 おっしゃる通り私の40!!への書き込みに不思議な文字化けが多く成っているようですね。正常に発信しても私の所に配信されて来るメールは、文字化けを起こしています。今の所、50!!には文字化けせずに届いています。これは広橋説の中国政府による閲覧、検閲と嫌がらせなのでしょうか?そうとしたら光栄です。私のメールアドレスがウイルス伝搬用にも使われているとの事、気を付ける必要がありそうですね。何か変わった現象が見られたら又教えて下さい。
 
画像を添付頂いているようですが残念ながら読めません。
昨日のニッケイ新聞pdf版より広橋さんが連載しておられる≪日本の水が飲みたい≫105回をお借りして貼り付けて置きます。  
 
イメージ 1
 

鹿児島から来たブーゲンビリアは、移植する必要が出て来ました。
 
アトリエ≪和み≫の改修工事をしており裏庭の一角(畑?=家庭菜園?)を潰し建造物を建てる事にした為現在植わっている場所が倉庫の一部に成ることからブーゲンビリアを植え替える必要が出て来ました。裏庭の何処かに植える積りですが、前田さん、有隅先生の植え替えに当たり注意点等をコメント頂けると有難いです。大きく伸び始めたブーゲンビリアの現状と植え替え候補地を写真で報告して置きます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 6

アトリエ≪和み≫の改修工事11日目!!
 
愈々3週間目に入りました。今日から新しい壁を作る為のコンクリートの柱を1日に1本ずつ建てるとの事で工事を初めています。鉄筋を埋める穴を掘り鉄筋を埋め込んでコンクリートを流し込む作業で何とか右端の柱1本がコンクリート詰めできたようです。明日、火曜日に2本目を埋め込み水曜日に3本目を埋め込む作業をするそうです。木曜日には枯れ木の根っこ掘りが残っており電気鋸を何処かから借りて来るそうです。
弥生は、土曜日からカーニバル休暇を取りサルバドールに出掛けてしまい私が毎朝8時にアトリエに通う事に成りました。2週間の休みを取れるのですからよいですね。私は毎日工事現場の資格のない監督で作業の進捗状況をFLWして行きたいと思っています。
今日撮った写真を何枚か貼り付けて置きます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8

↑このページのトップヘ