私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2014年06月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

W杯、18日目結果、オランダとコスタリカが準々決勝に進出!!
 
大会第18日目の6月29日、日曜日は、オランダ2-1メキシコ戦とコスタリカ1-1ギリシャは、延長でも決着が着かずペナルテイ戦に入りコスタリカが5-3で準々決勝に進みました。
ポルトアレグレでは、既に3日間雨が降り散歩もままならずTVでサッカー観戦かPCにぶら下がって時間を過ごし歩行数が、7874歩、6613歩、今日は多分5000歩前後で3日間続けて1万歩以下の記録になりそうです。雨でも傘を差してでも歩くべきなのですが、拘らずに4千万歩を目指したいと思っています。
今日の試合では、松川さんの予想通りメキシコが1-0で勝っていたのでこれはメキシコが勝ち富田さんが喜ばれるのではないかと思っていたのですが、麻生レポにも有る通り後半ロスタイムにオランダがゴールを挙げ2-1で逆転勝ちしました。2試合目もコスタリカが1-0で勝っていたのですが、背番号6の選手がイエローカード2枚を食らい退場さされてからは、10名での懸命の守りに入り逃げ切るかと思っていたら同点に追いつかれ延長30分もギリシアの猛攻を防ぎ今大会2度目のPK戦に入りギリシャの4人目の選手が失敗して5人目のコスタリカ選手が綺麗にゴールを決めて決着が付きました。見る人を楽しませて呉れるが選手達、特にキーパーは、神経をすり減らす苦行ではないかと思います。勝負の世界は厳しいです。
写真は明日貼り付けることにして結果と麻生レポをまず掲載して置きます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 

≪人間関係保つ励ましの言葉≫  桐井さんからのお便りです。
 
和田さん みなさん こんにちは kame@大分市です
 
いつもお世話になり有難く感謝しております。
本日、西日本新聞「こだま」に「人間関係保つ
励ましの言葉」と題して掲載されました。
拙ホームページの「人生の午後」に載せています。
ご覧くださると光栄です。
 
「詩とエッセーの広場」
 
人間関係保つ励ましの言葉

 私は過保護に育てられたので、弱く意気地なしだった。いざ実社会に出てみると、私のような人間は社会の荒波に押し流されるのではないかと思うほど厳しいものを感じた。
 人が良過ぎたので教師としていつも生徒に甘く見られ、騒がれたものだ。それでも私は生徒に対して思ったことをすばりそのまま言うのではなく、相手の心を傷つけないように心掛けた。
 人間関係を良好に保つには、相手に決してとげのある嫌みな言い方をせず、相手が自分への励ましの言葉と受け取ってもらえるような言い方をすることが大切だと思う。
(平成26年6月29日付西日本新聞「こだま」掲載)
 
イメージ 1
 
 

≪ご報告≫ 松川さんからの嬉しい便りが届きました。
 
和田さん
 
大変ご無沙汰しております、松川です。
 
結婚して今日でちょうど一周年を迎えました。
 
妻が9月に出産予定です。性別は男と判明しました。
大きくなったらサッカーをやらせたいものです。
 
その前に・・・・・、
赤ちゃんをきちんと抱いてあやしてやれるように、
やせなければなりません・・・・・。

(注) 掲載していた写真は、御本人の希望で削除させて貰いました。
 
 

≪一富士二鷹三なすび 特別賞受賞 ≫  藤木さんから嬉しいお便りが届きました。
 
みなさま
   お早うございます。
 
 嬉しい便りが届きましたので、皆様にもお知らせして、少しは自慢を
したくなりました。
 山梨の「富士山見晴らし台」が「富士山の絵手紙コンクール」をやっていたの三月に応募て、忘れていたのですが、先日「特別賞」に入選したと賞品とともに送ってまいりました。それがどうしたということでしょうが、嬉しくて、ご連絡したくなった次第どす。
 
 「絵手紙のぺージ」の中ほどに貼り付けてありますので、お暇に見て頂ければ嬉しい次第です。
 
  
******************************************
 
    「小さな画室」  ふじき わたる
           http://www.ne.jp/asahi/fjk/art/
 
イメージ 1
 
上記の特別賞を受賞された藤木 亘さんの絵手紙の絵は、今年の一月七日に初夢に見ると縁起が良いとのコメントと共に藤木さんから送って頂いておりました。今回の絵手紙が特別賞を獲得されたとの嬉しいお便りが届いています。
どうしてなすびの夢を見ると目出たいのか?未だに理解できませんが、一富士は誰もが納得する日本一の山ですね。
藤木さんオメデトウございます。

ニュージランドの小百合一家、ペードロ君、マルコ君も元気にしているようです。
 
5月にニュージランドの南島のクライストチャーチに移住して行った末娘小百合を訪問しましたが、二人目の孫、マルコ君も恐る恐るだっこして遣りましたが既に1ヶ月半が経過、すくすく育っているようです。良く喋るようになって居たペードロ君も大きくなっておりskypeでも良く喋るのですが、一家そろって好きな山登りを楽しんでいる様子が伺える写真をFACEBOOKに掲載していましたので借りてこのBLOGでも紹介して置きたいと思います。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

↑このページのトップヘ