私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2014年12月

次女茜に頼まれていたラフチングの写真を掲載して置きます。
 
クリスマス休暇中にポルトアレグレに戻って来ていた次女茜とベイラリオでのサッカー観戦と共にグラマードの近くのトレスコロアにある川下りラフチングにも付き合いましたがその時の写真を掲載して置いて欲しいとの依頼を受けていましたので今年最後のBLOG更新となりますが、写真を掲載して置く事にします。
結構和田個人関係の話題写真も多く公共性に欠けている気もしますが、私の管理運営のBLOGですのでご容赦下さい。
この1年FLW頂き有難うございました。2015年も従来通りの方針で毎日更新して行く積りですのでお付き合い下さい。良いお年をお迎え下さい。
(注)現在NHKでは紅白歌合戦を放映中ですが、昔と変わり名も知らない歌手、司会者も10人位いて煩いばかりでじっとして見ておれずこれを叩いています。昼間の除夜の鐘は聞く積りです。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14

第28回バーチャル座談会『新春放談、行く年来る年2014/2015』(その4)
 
 
(その4)は、しゅくこさんの午年の元旦に生まれたピーナッツと年末の別れの2014年最高の写真と共に≪ありがとう≫から始まりました。写真もこのしゅくこさんとピーナッツの写真を使わせて頂いています。
普段はお仕事で忙しく投稿が少ない内田さんが年末のご自宅でのリラックスで色々と書き込んで呉れています。
愈々『私たちの50年!!』の皆さんへの賀状公開と共に年末年始の挨拶が飛び交っています。これからがバーチャル座談会の佳境に入って行きます。皆さんのご発言をお待ちしています。
写真は、今年2014年を飾るしゅくこさんとピーナッツの皆が認める今年最高の写真で飾ります。
 
イメージ 1

一笑一若・アメリカ小話「おなら」  富田さんからのお便りです。
 
和田さん&私たちの50年の皆さん、年忘れ小話大会第五弾・アメリカ小話「おなら」
をお届けします。2014年の棹尾を飾る小話は、相変わらずばかばかしい話ではありますが、大いに笑って、夢と希望に満ちた新年を迎えようではありませんか?
 ご用とお急ぎでない方は、是非下記のブログをお訪ねの上、一笑一若・アメリカ小話「おなら」E N J O Y !!!  皆さん、良いお年をお迎えください。
Shinzo Tomita
 
イメージ 2
 
                                                      年忘れ小話大会第五弾   
            
              「おなら」
イメージ 3
 
  お年寄りの婦人が彼女の恥ずかしい症状について、医師に相談しにやって来た。
「私はのべつまく無しにおならが出るので困っています、ジョンソン先生。おならは音はしないし、匂いもないのです。実はここに来てもう6回も出たのです。どうにかねりませんか? 先生」
 
 「これが処方箋です、バーカー夫人、毎日3回、3錠ずつ一週間のんでください。そして一週間後、また来てください」と言って医師の診察は終わった。
 
 次の週、かんかんに怒ったバーカー夫人がジョンソン先生の診察室に乗り込んできた。
「先生!あの薬は一体何なのですか? 私の症状は余計悪くなっちゃいまいした。おならは以前よりもっと出るし、音がしないのは救いですが、ものすごく臭いのが出るようになったんですよ。どうしてくれるんです、先生!」とどなり立てた。
 
 するとジョンソン先生は、子供をなだめるように言った。「さて、今回の薬で重度の蓄膿症が治ったので、次回から難聴の治療を始めますからね」
 
お後がよろしいようで…


連邦大学『UFRGS』日本文化及び移民記念館の木村智子GAUDIOSO先生から年賀状が届いています。
 
O ano de 2015 é especial pois completa-se 120 anos desde assinatura do Tratado da Amizade, Comércio e Navegação entre Brasil e Japão. 
Assim, desejo a todos um ótimo ano de 2015, cheio de paz e harmonia e que essa amizade se perpetue no tempo!
 
イメージ 1
 

≪みなさま、有難う≫ 川越 しゅくこさんからのお便りが届いています。(続き)
 
内田さん 奥様 & 50 年のみなさま
 
                 しゅくこで~す
 
お元気ですか?
 
神戸から宝塚トンネルをぬけて
六甲の裏手、三田に入ると、とたんに空がどんよりして、
温度も5℃ほど低くなります。
 
内田さんの神戸は明るい陽が見えることでしょう
 
先日旅行したフランクフルトは三田と同じ、重い灰色が垂れこめた世界でした。
でも、日本の冬はさざんかとか南天とか、どこかで花が色を添えていますが、
車窓からみる風景は、同じ形の細い裸木が驚くほど延々とつづき、
「東ベルリンから来た女」など、ドイツ映画の中によくでてくる林のシーンは
これだったんだなと思いました。
 
そんな中、あちこちでクリスマス・マーケットが開かれていて、
人びとがたくさん繰り出し、お土産物屋をのぞいたり、
ポテトの揚げたてにアップルソースを付けたのや、ソーセージ、
ホットワインなどを楽しんでいました。
 
マーケットは22日ではやばやと終わり、24,25日はクリスマスで
お店はどこも閉まってしまいます。静かに生誕を祝う伝統があるんですね。
 
来年もどこかに行ってみたくなりました。
 
良いお年をお迎えください
 
イメージ 1
 
  X mas Marketにて HOT WINEを飲む。フランクフルト 右は友人
 
 
イメージ 2
 
                        X mas Market
 
イメージ 3
 
                霞か霧か、この景色には趣きがある。

↑このページのトップヘ