私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2018年07月

マリンガ「EXPO IMIN110」 眞子さまも熱心にご視察 サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1日系人が一体となった盆踊り

約2万人の来場者で賑わい

 パラナ州最大規模の日本移民110周年記念祭典(西森ルイス祭典実行委員長)「EXPO IMIN110」が、19日から22日までの4日間にわたりマリンガ市で開催された。同祭は、パラナ州初の大規模な周年事業として、同市のフランシスコ・フェイオ・リベイロ・エキスポ公園内の3つの会場を利用。眞子さまが視察された20日は平日にも関わらず、約2万人(主催者発表)が来場した。展示会場やブラジル選抜歌謡大会の会場、110周年記念式典が行われた「エキスポ・アリーナ」では毎日異なるプログラムが披露され、来場客を飽きさせない催しが連日行われた。
 同祭は日本人移民110周年を記念し、2017年1月末に早々に行われたパラナ日伯文化連合会(リーガ・アリアンサ)で110周年実行委員会が発足し、約1年半かけて企画が練られた。リーガ・アリアンサの折笠力己知評議員会会長(祭典副委員長)は、「西森ルイス下院議員の力を借りて、企業に1年かけて出展をお願いした。その甲斐もあって、日産やスズキ、住友など世界的に有名な企業が参加をしてくれた」と話した。
 同祭には、アリアンサ傘下の100支部の文化協会の会員らが来場するなど、パラナ州の日系人が一丸となって盛り上げた。
イメージ 2
眞子さま(左端)も関心を示したマリンガ地区日本語学校連合会ブース

◆フードコート
 サンフランシスコ・ザビエル教会の聖母婦人会(田中ルイザ部長)、マリンガ文化体育協会(ACEMA)や和順会などが出店し、客が途切れることなく繁盛していた。
◆パビリオン・アズール
 日本企業やパラナ州の姉妹都市、日本文化などの展示会場の「パビリオン・アズール」では、日系人・非日系人問わず多くの人で賑わっていた。
◆パビリオン・ブランコ

 パビリオン・ブランコでは、20日から3日間にわたってブラジル歌謡協会主催の「第33回ブラジル選抜歌謡大会」が開催され、744人が出場した。20日には約1200人(主催者発表)が来場し、眞子さまも鑑賞し歌を楽しまれた。同大会には、パラナ州、サンパウロ州、サンタ・カタリーナ州、マット・グロッソ・ド・スール州、アマゾナス州、バイア州などブラジル全土から出演。アマゾナス州から同大会に参加した渡名喜エドソンさん(52、2世)は「アマゾナス州からは4人で来た。何度か参加しているし、顔馴染みも多い」と楽しんでいる様子だった。また、クリチバ市在住の南パラナ民謡保存会の大嶋祐一さん(65、熊本)は、「33回全て参加している。2位になったことはあるので、今年は優勝したい」と意気込んでいた。

◆エキスポ・アリーナ

 エキスポ・アリーナでは、20日には110周年記念式典が行われたほか、オーケストラの演奏会、日本文化から影響を受けたブラジル人によるファッションショーが行われた。式典後は、会場中の有志が次々と盆踊りに参加し、踊りを楽しんだ。

2018年7月28日付


私たちの40年!!あるぜんちな丸同船者寄稿集が500万回のアクセスを記録しました。 


2002年5月11日の着伯40周年の同船者会に合わせ開設した私たちの40年‼あるぜんちな丸同船者寄稿集のホームページが営々と16年2ヵ月で500万回を記録しました。
毎回10万回毎にTOP PAGEの一部を書き換え古いPAGEを残しており今回49回目を残したところですが、忘れている内に経過して仕舞ったり何度かありましたが、今回は特別で4日前の4995734回から毎日FLWして前日にTOP PAGEの書き換えを実施しました。7月28日(土)の午前10時過ぎに500万回がクリアされたようですが、10時10分にアクセスし11回オーバーの5000011回に遭遇したので記念に残して置くことにしました。
関連の書き込みを下記に残して置きます。

写真5000011 7月28日午前10時10分

イメージ 1

『ブラジル戦後移民』 55年の記録  旧ホームページの保存(49)

2018年5月2日に490万回を記録しTOP PAGEの一部を書き換えましたが、この週末の7月29日(日)に500万回のアクセスを記録する予定で一足先に現在の490万回のTOP PAGEを保存して置くことにしました。今回の10万回は、少しピッチが上がり予定していた8月10日前後より12日早い7月29日、88日目に500万回を記録する事になり1日平均1136回を記録したことになります。
2002年5月11日に開設、公開して実に16年2ヵ月が経過、その間、500万回のアクセスを記録、1日平均847回のアクセスがあったことになります。次回510万回は、9月の初め頃になる予定です。年内に520万回のアクセス、本当に沢山の方にアクセス頂いており感謝の念で一杯です。今回、使用写真は、ロシアのワールドカップの地元応援団としてニュージランドに移住した末娘の小百合が孫二人を連れて2度目の里帰りをしており家族皆で撮った写真を記念に残して置くことにします。

 

和田:私たちの40!! あるぜんちな丸同船者寄稿集が、一里塚ともいえる500万回アクセスを今週末にクリアします。
7月24日(火)午後4時 499万5734回、残り4266回
7月25日(水)午後4時 499万6956回、残り3044回
3日後の28日(土)午後4時前には500万回をクリアするのではないかと思います。日本時間では既に29日の朝の4時になって居るので、500万回のアクセスを記録する日にTOPPAGE
の一部書き換えをしており今回も7月29日付で更新する予定です。同日かその前に花咲爺の会のホームページも5万回をクリアしそうです。トロントの斎藤さんに是非ダブル取得と云う快挙を狙って欲しいですね。40年は、1日平均1136回1時間に47回のスピードで進んでおり500万回は、あっと言う間に通り過ぎて仕舞うかも知れないですね。この週末は、是非皆さんにも500万回アクセスをTRYして見て下さい。踏ん付けた方にはイグアスコーヒーでも贈りますかね。。。???

 

石田: 和田様、いつも、大変お世話になっております。
ブラジル移住55年の記録は日本移民の大切な財産です。発案し営々と記録をし続けた和田さんに改めて御礼し益々の発展を祈ります。和田一族の家族写真素晴らしいです。いつも私の良いお手本です。感謝。

 

和田: 石田さん嬉しいエールを有難う。1日1千件以上のアクセスがあるホームページに育ち一両日中に堂々、500万回のアクセスを記録すると思うと一里塚とは云え一つの通過点をマークして呉れる事を素直に喜びたいと思います。花咲爺の会のホームページの5万回も嬉しいです。もう一つの今年の記録として4000万歩も年内に達成可能となり今年は、記録尽くめの収穫の年となりそうです。雨続きで傘を差して歩いていますが、せっせと歩き続けたいと思います。応援大変嬉しいです。

 

丸木で~す 五百万回のアクセスならブログのギネス記録ではないでしょうか?最近はトランプのツイッターへのアクセスが急増してる様ですが

 

和田: 丸木さん私たちの40年‼あるぜんちな丸同船者寄稿集 【ブラジル戦後移民】55年の記録】は、BLOGでなくホームページです。500万回は、珍しくないです。後10年も経てば千万回に達するでしょう。500万回は1里塚です。同船者681人の共有財産として今後も充実させ後世に残したいと願っています。
関連BLOG1 は、現在22万6000回、BLOG2は、26万9000回を記録しています。因みに丸木さんが送られたメーリングリストへのコメントは、38701件めです。
昨年開設した花咲爺の会ホームページもこの週末には、5万回をクリアすると思って居ましたが、今10時27分に見て見たら何と7回オーバーの50007回を記録していました。斎藤さんが巧く5万回を踏ん付けて呉れていますかね?丸木さんのコメントに感謝です。

 
爺の会HP50000回は、久留米のはなさんが踏ん付けて呉れました。
和田さん、みなさん
日本は連日の猛暑、おまけに妙なコースの台風がやってくるようで災害被災地が心配です。
久留米でも猛暑日が連続20日間も続いています。
朝からエアコンは回りっぱなし、日中は外に出れません。
モコの散歩も夕方になってから。川風が少しは気持ち良いです。
暑い中、春に蒔いたイペ達は元気です。やはりブラジル生まれですね。
今回のホームページ50,000回は私がゲットです。お風呂上りにPCを開いた時でした。明日は何か良いことあるかもですね!!
この時期夕暮れに西の空の宵の明星がきれいです。
 

この週末に私たちの40年!!と花咲爺の会のホームページが同時に500万回と5万回のキリ番が出るとお知らせしていたところ、一早く久留米のはなさんが爺の会の5万回を踏ん付けたとの連絡を受けました。私がアクセスした時には、7回オーバーの5万7回でした。はなさんおめでとう。イグアスコーヒーをまた送らせて貰います。オリジナルBLOGは、下記です。https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/39033141.html

はなさん 花咲爺の会ホームページ5万回を踏ん付けて呉れましたか。おめでとう御座います。私が50007回でしたので粗同じ時間に繋がっていたのですね。記録として残して置くことにします。来週初めにイグアスコーヒーにしゅくこのイペーの種、イペ市からの昨年の種の残り、今年のパラナ松の実(種)を纏めて久留米に送ります。又検疫に来て貰う必要が無いように郵便局から自動的に検疫に廻るように種在中と大きく書いた紙を貼って置きます。私たちの40年‼ホームページも500万回達成の日を日本時間で28日としてトップぺージの一部書き換えを実施しました。残り800回程ですが、明日の朝頃になりますかね?
朗報、有難う御座います。

 
和田さん、 はなです 昨夜はラッキーでした。
イペー市の種の件ですが、ご好意は感謝しますが 我が家には昨年送ってくださったイペ市の種がまだたくさん残っております。
乾燥剤を入れて冷蔵庫に保存してはおりますが、これもそう長くはいかないのではと思っております。素人ながら年々発芽率が下がるのではと。
残っている種を如何したものかと思案中です・・・
狭い我が家に広い圃場があるわけではありません、欲しい方にとポット植えを少々の程度です。というわけで、申し訳ありませんが今回のイペのタネは必要ありません。スミマセン。
 
和田 はなさん しゅくこのイペーの種(これは既に写真で紹介済みですが小振りの四季咲きイペーで年間に10回近く花を次々着けて昨シーズンの最後か今シーズンの最初か最近収穫した取れたてのイペーの種です)と昨年の残りのイペー市の種、パラナ松の種をインスタントのイグアスコーヒーを入れた適当な箱で郵送させて頂きます。この空輸は、はなさんの爺の会5万回アクセスを踏ん付けて頂いたご褒美的な意味と種在中と明記して郵便局で自動的に植物検疫検査に廻して検品後お届けして貰えるかどうかのテストの意味を兼ねています。そちらで必要がない種と判断されたら良いように処分して下さい。出来れば50粒―100粒入れた袋を作成適当な機会を見付け配布して貰えれば嬉しいですが、爺の会の井川会長にそのまま送って頂いても結構です。無事郵便局が検疫済みで届けて呉れると助かりますね。何かと手間を掛けてしまいますが、はなさんは、貴重な経験者爺の会の九州支部長もやって頂いて居るので我慢してご協力下さい。勝手に何でも決めてとまた何方かに叱られそうですが、私のやり方ですので我慢して下さい。宜しくお願いします。
 
久留米のはなさん5万回おめでとうございます、ナイアガラ郊外の斎藤です、私も狙ってましたが私はゴルフコースに居ました。2ランド目でした。今日は3万8千歩歩きました。
 
和田: 斎藤さん 5万回は、はなさんに取られてしまいましたね。500万回の方はどうでした?ダブルで斎藤さんがGETされるのではないかと思っていましたが。。。
ゴルフに行かなくなって3万歩以上歩くのは月に数度ですが、3万8千歩は、良く歩かれましたね。年末には4000万歩を達成出来そうですが、まだ1日に4万歩歩いた事がないので1回だけでも歩いて見たいと思ってますがそんなに歩く機会と時間がありません。7時間は歩かないと達成できませんね。ゴルフなら2回廻れば可能になりそうですね。夏の間は斎藤さんに敵いません。これからもホームページ宜しくFLW下さい。
 
斎藤さん はなです 初めまして!
ありがとうございます。今回で2回目になりますが昨夜はラッキーでした。
斎藤さんはよくゲットしておられるようですね。
ナイアガラ近郊とは素晴らしいところにお住まいですね。
5~6年前にハワイのメル友が、アメリカ東部海岸からカナダに旅行をして写真を送ってくれたことがあります。
切り戻しをして又咲き出したナデシコの花を!!
 

和田 トロントのナイヤガラの滝郊外に御住みの斎藤さんが久留米のはなさんが爺の会ホームページの5万回アクセスを踏ん付けたことに対しておめでとうを送った返信としてナデシコの花を送られています。大和撫子と云われる可憐な花ですね。オリジナルBLOGは、下記です。https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/39034855.html

 

石田: はなさん、50万回目の訪問ゲット、おめでとうございました。
来月24日、訪日します。828-30日頃には、憧れの、久留米を訪問したいです。どうか、無理の無い範囲で、お付き合い下さい。
追伸:ブラジル移住した日本人は、食べ物で、大変苦労しました。味噌、醤油、皆自家製で作りました。漬物は、バナナを潰し糠床の代わりにしたと聞きます。https://blogs.yahoo.co.jp/ida_katada/12203728.html

 
石田さん はなです ありがとうございます。
当初27日か28日に、とメールをいただいたので両日は予定を空けておりますが・・・ご案内するところを考えてます。
梅干の代用の花梅の話は アマゾンの昭子さんから聞いたことがあります。
遠い異国に渡られた先人の知恵はすごいですね。
バナナが糠床の代用なんて考えもつきません。
確かにハイビスカスの花はハーブティにありますね。強い酸味のクエン酸とミネラルが体に良いそうです。
*花咲爺の会のホームページは50万回目ではなく5万回目ですよ。
 

和田 はなさんの暑い日本からのお便りに石田さんが日本人移住者のブラジルでの食生活の工夫をコメントして居られそれに呼応してアマゾン昭子さんがハナウメの花の写真をはなさんに送っておられます。色々工夫すれば代用品ででも食生活が豊かになりますね。オリジナルBLOGは、下記です。https://blogs.yahoo.co.jp/yoshijiwada2/39036344.html

 
アマゾン昭子 はなさん 暑い毎日 クーラーの中の生活も大変ですね。台風12号の被害がありませんように!
石田さんが訪問されるそうで楽しみですね。花梅の花を送ります。
この赤いのが実で 外側の赤い部分だけ切り取って塩漬けにして梅干しの代わりにします。酢を足して赤い汁を紅生姜などの色付けに使います。薄くすれば綺麗な桜色で大根の酢の物にぴったりです。人口着色料を使わずにすみます。
追伸 花梅の額の漬け物と新生姜の紅漬けです。
 
昭子さん はなです
先ほどはラインで素晴らしい映像をありがとうございました。私もその場にいるような感激です。
ところで、昭子さんのいわれる花梅を調べましたらアオイ科フヨウ属。通称ベニアオイ。本名はローゼルというハイビスカスの仲間だそうです。
クエン酸、ビタミンC,アントシアニン、を含み疲労回復と今はやりのアンチエイジングに良いそうですよ。それで昭子さんは元気で若いんでしょうね~
葉っぱをてんぷらにしたり、砂糖漬けのお菓子とかありました。
梅の実のように実をリキュールなどに漬け込んで梅酒代わりは出来るでしょうか? それとも実からエキスが出るでしょうから砂糖を加えてシロップが出来ませんか? 可能ならそれを水や炭酸で割って飲むと色もきれいで酸味があって疲労回復の飲み物になるのでは。
色は丁度赤紫蘇で作る紫蘇ジュースのようでしょうね。と、一人勝手に想像してます。
 
40年‼ホームページ500万回無事達成しました。昨夜11時にCHKしたら4999564で残り436回でした。27日中に50万回にならないことを確認し予定通りブラジル時間、日本時間とも既に28日付でTOP PAGEを更新しているので1日早まるとどうしようと心配していましたが、安心して眠れました。
今朝は、何時もより寝坊して8時に起き出しNHKを見ながらごそごそして9時40分にCHKしたら4999986で残り14回になって居ました。朝風呂に入り10時10分にアクセスしたら既に11回オーバーの5000011を記録していました。ブラジル時間午前10時、日本時間夜の10時過ぎにアクセスされた方で50万回をGETされた方が居られましたらご一報ください。ピッタリ7月28日(土)に50万回をクリアして、少し落ち着きました。沢山の方にアクセスして頂いており感謝しています。後程、HP、BLOGにも記録として残して置くことにします。10万回毎にHPのTOP PAGEを一部を書き替えていますが、一里塚とは云え今回の500万回は、一つの区切りと云うか、記念すべきエポックではないかと位置付けており7月のワールドカップ敗退、日本移民110年祭の半分と少しの着伯56年の年に眞子内親王さまをお迎えしマリンガで直接お言葉交わす機会に恵まれた忘れ難い7月の締めくくりとして嬉しい出来事でした。この喜びを分かち合えればと願っています。
 
40!! ホームページ500万回をGET された方は、現れませんでした。
ホームページ爺の会の5万回は久留米のはなさんが踏ん付けて呉れて今朝。10時45分には、51000回を記録していました。凄いスピードアップですね。40年‼寄稿集は、5月28日に500万回をクリアしていますが、24時間後の29日10時45分現在5000887回を記録していましたが、未だに何方も500万回を踏ん付けたとの連絡がないことから知らない間に知らない方が踏ん付けたと思わざるを得ませんね。期待していた斎藤さんも逃してしまったようですし。。。残念です。次は、5555555600万回ですかね?


7月20日(金)午前10時からマリンガに置いて眞子内親王さまの南3州代表者50人の謁見が行われました。

既に7月21日付のトラックバック先の記事で【眞子さまの手は、暖かだった】で報告していますが、RS州代表として南日伯援護協会の谷口浩会長と共にポルトアレグレからマリンガ迄出向き眞子内親王さまに謁見させて頂く栄誉に浴しましたが、ニッケイ新聞の大澤記者が謁見式の最初の10分間だけ写真撮影を記者として許可されておられ5組の我々の写真を撮って呉れており谷口さんに送って来て呉れたものをお借りしてこのBLOGでも皆さんに紹介して置きます。
ニッケイ記事の関係記事は下記です。

◆マリンガ日系代表とご引見
 眞子さまは、同日午前10時から同市のブリストル・メトロポレ・ホテルで各日系人団体の代表者とご引見。全体に淡い緑を基調に黄色や緑、青や白の花柄がプリントされた華やかなドレスに身を包み、首元にはパールのネックレス、耳元には同色のイヤリングを身に着け、にこやかな笑顔を浮かべながらお見えになった。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

杉井さんの≪個人情報保護≫問題提起とそれに対する解答(管理運営に関する基本姿勢) 

現在、私たちの40年‼あるぜんちな丸同船者寄稿集と花咲爺の会のホームページと私たちの40年‼関連BLOG 1とBLOG2 に347名のメンバーが記録されている私たちの50年!!メーリングリストを管理運営していますが、今回メーリングリストのメンバーの杉井さんから≪個人情報保護≫の観点からYAHOOにお世話になって居る、BLOG1とBLOG2は、非公開にするべきではないかとの問題提起とご希望が寄せられました。杉井さんの問題提起とそれに対する管理運営者としての回答は、基本的な問題として全文をホームページにも残して置くことにしました。関係写真をBLOGに掲載しておきますが、HPでは1枚しか掲載出来ないので16年前の若々しい杉井さんと撮った写真を使用する事にしました。
https://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=1897

イメージ 1

和田さん
watasitatino50nenのMLは登録メンバーだけで非公開と理解していますが、
yahoo blogは非公開になっておらず情報が拡散されています。
yahooサイトに私の名前を入れると15年程前にwatasitatino50nenに投稿
した古いファイルまでが一般公開されており、個人情報が悪用される懸念も
あり好ましくありません。川越しゅくこさんの名前でも随分多くの情報が
一般公開されています。皆さんもご自分の名前を入れてチェックされれば
驚かれることと思います。
yahoo blogはグループ内のみに限定して非公開にする様にお願いします。
杉井

杉井さん 杉井さんも長年日本に住んでおられる日本人なられたようですね。ブラジル56年の私には、日本の現代の皆さんの個人情報保護の感覚が理解できません。群馬県の大泉農業高校の定村先生が高校生の生徒さんの写真のBLOG掲載は、校長の許可事項になっておりBLOGから即刻削除して欲しいとの申し出を受けて唖然としましたが即刻削除したことは、有りますがyahooBLOGを非公開にする積りはありません。悪しからず。。。
簡単に説明して置きますが、私が管理運営しているホームページ、BLOG、MLの関係とその運営方針は下記の通りです。
ホームページは、着伯40年の2002年に開設し16年が経過、1週間以内に500万回のアクセスを記録します(現在4993772回)。

イメージ 2

日本にイペーの花を咲かせるキャンペンを推進させるための『花咲爺の会』のホムページは昨年3月31日に開設し1年4ヵ月弱で5万回(現在49333回)を記録しています。

イメージ 3


上記ホームページをベースに開設した私たちの40年‼関連BLOGがありこれは、当然公開して置くべきBLOGで非公開等は、考えられません。現在2006年10月23日に開設したBLOG1は、現在7657件の記事が公開されており225612回のアクセスが記録されています。

イメージ 4

2009年10月2日に開設されたBLOG2は、7767件の記事が公開されており268349回のアクセスが記録されております。

イメージ 5

BLOGの記事は、ブラジル邦字紙の記事の転載が多いですが、メーリングリストの347名のメンバーの皆さんから寄せられる写真付きの記事の掲載、特に花咲爺の会の花便り等は、非常に人気のある項目で賑わっています。
杉井さんが仰る個人情報保護、肖像権、個人情報漏洩による実害のご心配は、尤もでありご意見としては尊重したいとと思いますが、私が管理、運営するホームページ、BLOG、メーリングリストは、戦後移住者の56年の移住先国への定住の過程を戦後移住史の一部として残して置きたいとの思いで始めたもので681人の同船者の共有財産と理解して居りこれを非公開にして347名のメーリングリストメンバーだけに絞ったものに切り替える可能性はありません。これからも継続する限り全公開でより多くの人の眼に留まることをことを願って管理、編集を続けて行きたいと思います。
杉井さんが個人情報保護の観点からBLOG1、BLOG2に掲載されている1万5千を超す記事のなかから杉井さん関係で完全削除をご希望の項目があればお知らせ下さい。探して削除手続きをさせて頂きます。杉井さんのご希望に添えず申し訳ありませんが、ご了承下さい。
この杉井さんとの遣り取りは、私が管理、運営するHP、BLOG、MLの基本的な問題でもありHPにも関係写真を付けて残して置くことにします。
和田 好司   私たちの50年!! 管理運営者
ブラジル ポルトアレグレ在住

和田さん 日本のみならず現在世界中で個人情報のハッキングが問題になっています。
中国製のPCやスマホなどIT機器を買うと個人情報が中国政府へ転送されるパーツが埋め込まれているとも言われている程で、米国政府機関では中国製IT機器を使用しない様に警告しています。
最近幼児や生徒の誘拐事件が多いですがSNSで収集した情報が基になっている様で、大泉農業高校の要求は当然のことと思います。グループ内部なら兎も角、関係の無い世間に一般公開された写真、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを入手した悪人は誘拐、脅迫、情報の転売などいくらでも犯罪行為が出来る訳です。例えばの話ですが、和田さんの可愛いお孫さんが公開された写真や情報を基に誘拐されて身代金の請求が来るということも有り得るのです。比較的安全な日本でも危ないと警告されているのですから、まして治安の悪いブラジルではもっと注意が必要と思います。
どういう訳か16年前の寄稿集の中の私の投稿「ブラジル回顧録 2002年9月5日」が今頃yahoo blogに公開されているので削除をお願いします。
杉井

和田:杉井さん ご説明頂いたように恐ろしい世の中になって来ているのですね。この世に生きている限り、何時の世も悪人は絶えないですし危険は、覚悟せざるを得ないでしょうね。恵子からも家族の事は、話題にしないで欲しいと何度も云われていますが、起こりうる危険、危害よりも皆さんに知って貰いたいとの気持ちが強く甘んじて起こりうる危険、危害を物ともせず我が道を貫く積りですが、他人様にはそうは、行かないですね。40年!!寄稿集に下記杉井さんの寄稿を見付けましたが、これがどうして個人情報漏洩に繋がるか私には、理解できませんが、この寄稿集の本文総てを削除して欲しいとのご希望でしょうか?YAHOO BLOGでは、見つける事が出来ませんでしたので出所を教えて頂ければなんとか見つけて削除作業をさせて頂きます。

和田さん YAHOOの検索ページに杉井皓一と入力するとこの寄稿文ページが出て来ます。
どうして16年前の古い寄稿文が今頃アップされるのか理解出来ませんが、グループ外の見ず知らずの人に個人情報が知られるのは好みません。
YAHOO BLOG内に情報が留まっているのは構いませんが、YAHOOの検索ページにまで拡散しているのは許容し難いです。
杉井

杉井さん YAHOOで杉井晧一で検索したらご指摘の寄稿文がTOPに出て来ました。
但し下記注が付いていました。
https://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=226 のキャッシュを表示することができません。
キャッシュとは、提携する検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に各ページの内容を保存したものですが、ページによっては保存されていない場合があります。
こちらから最新版(ハイライト表示なし)を参照してください。
ご不明な点があれば、ヘルプをご覧の上、お問い合わせください。
従い誰もこの記事にアクセスする事は出来ない筈です。杉井さんの問題提起は、私の念頭に入れて置きますが、ホームページ、BLOG、MLの私の管理運営方針は、既にもべさせて頂いていますので本件は、これで終わりにしましょう。



平野植民地ご訪問ルポ2=慰霊之碑まで5キロ緊急整備=デコボコで草茫々の泥道  ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1


眞子さまご一行の車列が砂糖黍畑を駆け抜けた
 









 眞子さまご訪問の2週間前の7日、一足先に記者が現地を訪れると、平野植民地会館から慰霊之碑までの5キロの道のりは、でこぼこで雑草も茂っている状態。「本当に眞子さまがここをお通りになられるのですか」と聞くと、「当日までに地ならしをし、整備される」とのことだった。
 いざ当日行ってみると、見違えるように道幅が広くなり、砂埃が立たないように前々日から水をかけていた。仮に当日が雨天だった場合には、泥がぬかるんで進めなくなるため、慰霊之碑のご訪問がキャンセルとなる予定だった。
 だが当日は、天気も味方して晴天となり、雨風が凌げるように慰霊之碑の脇に今年3月に設置された屋根の下、眞子さまは村民と歓談されることができた。
 最盛期には400世帯を超えていた同村も、今では9世帯ほど。団結して村をまもり、眞子さまを盛大にお迎えするべく準備してきた平野植民地の結束力に、今もなお宿る開拓移民の精神を見た気がした。(大澤航平記者)


↑このページのトップヘ