私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2018年08月

特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(9)

イメージ 1

【永井】日本国籍を持っていた方が安心な場合としては、たとえばですが、日本語ぺらぺらで日本にたいへん馴染んでいる外国人でも、外国籍だと交通事故起こして人が死んじゃったりすると、刑務所に入らなくてはいけなくなって、母国に帰りなさいって帰されちゃうこととかも可能性としてはあるわけですよね。
 そのほか、あるいはその、何年か置きに入国管理局にカードの更新に行かなかいけないとか、例えば採用されるときに働けるっていう在留カードのコピーを職場に提出しなくてはいけないとか、いろんな制約が日本にはある。
 ブラジルの場合は、外国人でもあんまり関係ないっていうか、あんまり外国人だって不自由を感じることは無いですよね。
【深沢】まあ、選挙が出来ないとかね。
【永井】選挙ができないくらいですよね。だけど日本はすごく制限が多かったり、手続きしなきゃいけないことが多かったりするので、国籍が取れて、しかもブラジル国籍がなくならないのであれば、取っといたほうが日本に住んでる限りは安全だと思います。
【深沢】あと、日本は移民政策をやらないという点が根本的に間違いっていると思う。絶対に「移民政策」と言う言葉を使わないというポリシーがある感じですね。
 でもそれが限界に来ている感じがする。「外国人労働者」は受け入れるけど、「移民」は受け入れませんと。どこに差があるのかっていう。
【永井】それは結局、ちょっと方便みたいなところがあって。
【深沢】方便ですよね。
【永井】ていうのは「移民を受け入れる」というと反対する人が多いわけです、国内に。だから「受け入れない」と口では言うんですよね。けど実際は受け入れないと労働力が足りなかったりして、会社とか経済的な組織は、またそれはそれで不満がる。だから受け入れないということを口でだけ言って反対が起きないようにしつつ、実際は裏口からどんどん入れているって言うね。
【深沢】その人たちがだんだん住み着いていくのは目に見えているわけですよね。

▼日本のコンビニに日本人が働いていない?

【永井】日本の外国人統計を見ればわかりますけれど、私が日本からブラジルに来たときに、ベトナムの方って10万人くらいだったんですよ。それがこの3年でもう26万人になっている。16万人も増えちゃってるんですよ。だから、たまに一時帰国した人と話すと「日本のコンビニエンスストアにいっても、日本人なんか一人も働いていない」と。
【島野】中国人ですね
【永井】中国の人とベトナムのひと。
【島野】インドとか。
【永井】インドと言うかネパールの人だと思いますね。だから、すごく増えてるんですよね。移民社会になってるんです、どんどん。
 で、この前の新聞の報道なんかであったのとかも2025年までに50万人くらい増やすんだって言う話ですけども、そんなこと改めて宣言しなくても、ここ3年で16万人も増えていますよね。
 毎年ベトナムから来る人の数もちょっとずつ増えていて、入れる年限が当初は3年だったんで、そろそろ今年あたりから帰り始める人が出てくるという予定ではあったんですけど、それが5年に変更しますとかですね。まあ最初3年から5年になって、5年から10年に変更になって。10年いたらもう帰る人いないと思うんですよね。
 というか、多くの人は帰れないですよね。10年も住んで元のところに戻っても、人間関係も様変わりしてますから。
【深沢】そっちばっかりどんどん敷居を低くしていって日系四世の入国制限は妙に厳しい。もしかしたら何年か経ったら見直して、ゆるくするとか、良く分からない。
【永井】日系四世についても、まあ、三世と同じ「定住者」資格でいいって意見もあったんじゃないかと思うんですよね。
【深沢】四世もそれがある意味、理想ですよね。でも、下地議員が「三世までのビザにもいろいろな問題が起きていた。だから四世ビザではそんなことが再発しないように変えた」「丁寧に受け入れたいから」と熱く語っていたのには、心底ありがたいと感じました。
 というのは、日系社会側にも矛盾があると思うんです。僕ら邦字紙は、三世までの現行制度には「こんな欠陥がある」とか、「派遣会社に搾取されて可哀想」とか、「日本語でもポ語でもまともな読み書きができないセミリンガル世代が何万人も生まれてしまった。まず在日日系子弟の教育問題を解決したうえで新制度を」などいろいろな注文を延々と付けてきた。
 それらを考慮して日本政府が「丁寧な対応」を始めたら、こんどは日系代表団体が「三世までの制度と同じ様にしろ!」とか言い始めている。(笑)
「誰でも日本に働きに行ければいい」ってものではない訳ですよね。三世世代までと同じ問題が、四世に起きたら最悪ですよね、実際。その意味で「条件を易しくしてほしいけど、手厚く対応もしてほしい」みたいな贅沢な対応を、日本政府にお願いをしているのかもしれませんね。(つづく)



東洋街=リベルダーデ日本広場に記念碑=ブラジル社会からの贈り物=「他民族と協調、より良い地区に」  ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
リベルダーデ日本広場で除幕された記念碑(撮影・望月二郎)
 【既報関連】7月18日、ブルーノ・コバス聖市長の署名を以って改名された「リベルダーデ・日本広場」。それを記念した「記念碑」の除幕式が27日に同広場で行われた。移民110周年の節目に、日本移民とリベルダーデ区の歴史の深さと功績を称える聖市からの〃贈り物〃に喜びの声が相次いでいる。
 改名に尽力したリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長をはじめ、発案者の元連邦警察所長の池田マリオ氏、山田彰駐伯大使、野口泰在聖総領事、エドゥアルド・オドゥロク地区長、菊地義治110周年実行委員長らが除幕式に出席した。
 池崎会長は挨拶で、「日系人の地域貢献を認めて頂いたことは我々の心を揺さぶり、新たな活力を与えてくれる。これは移民110周年を迎える日系社会へのブラジルからの最大の贈り物となった」と感謝し、「リベルダーデがさらにより良い市の模範となるよう、居住する様々な民族と手を携えて、さらに精進していきたい」との誓いを立てた。
 本紙取材に対し、池崎会長は「これが一生の仕事だと思ってやった。ここは私が生きるところであり、死ぬところ。人生において、これ以上大切なことは何一つない」と言い切った。
 昨年5月に池田氏が旧友のミルトン・レイチ聖市議会議長に改名を働きかけたのが、この動きの初め。「30年以上前にレイチ市議を手助けしたことがあり、恩義を感じた彼から『困ったことがあったら頼って欲しい』と言われていた。日系人がここから離れていくなか、日本移民が築いた歴史が失われる前に名前だけでも残したかった」との思いを語った。
 改名法案はドリア元市長がいったん否決し、承認する交換条件として東洋街活性化支援を持ち出し、池崎会長がそれに応えた格好だ。ドリア元市長は知事選出馬のためにその後すぐに退任し、宙に浮いていた。池田氏によれば「議会での再審を経てコバス市長の署名まで漕ぎ着けたのは、レイチ市議の働きかけが大きかった」という。
 池田氏は「耕地での過酷な労働に耐えかねた笠戸丸移民が次々と出聖してリベルダーデにすみ始めた歴史がある。祖父・栄太郎も笠戸丸移民、父・博が生まれた場所もここ。本当によかった」と胸をなでおろした。
 網野弥太郎評議員会長は「『日本を知りたければリベルダーデへ』と伯人が言うほどに知られている街。だが日系人が減り混血化が進むなか、一抹の寂しさも感じる。改名によって、一世紀の間に日本人が歴史の一角をなしたことが認められたのは一世の誇り」と笑みを浮かべた。
 同記念碑は、改名記念と共に、移民110周年及び眞子内親王殿下のご来伯を記念したもの。殿下を迎えて除幕式を行うことが検討されていたが、議会承認が遅れたため実現に到らなかった。そのため、記念碑建立日はご訪問予定日だった7月21日になっている。
□大耳小耳□ 関連コラム
     ◎
 コーヒー耕地での過酷な労働に耐えかねて夜逃げした笠戸丸移民が、コンデ街に集まったことからリベルダーデ区と日本移民の関係が始まったのは有名な話。戦中にはコンデ街から強制立退きの憂き目に遭ったが、戦後はコンデ街のすぐ近くにある、ガルボン・ブエノ街を中心にした新しい日本人街を作り、発展を遂げてきた。そんなリベルダーデを代表する広場に、「日本」という名前を付け加えたのは、移民国家ブラジルの近代史に、日本移民の存在が刻まれた証拠か。もしも移民150周年の時に日系人が東洋街にほとんど住んでいなかったとしても、今回の命名によって歴史だけは残すことができる。この命名自体が、きっと110周年最大のレガシー(遺産)になるにちがいない。

ベネズエラ人の他州への移動 4月以降で1千人超える=ロライマ州 サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 17月24日にロライマ州からブラジリアへ移動したベネズエラ人(Marcelo Camargo/Agência Brasil)
 政治・経済的な混乱にある自国を離れ、国境を接する北部ロライマ州からブラジルに入国して同州内に滞在するベネズエラ人の国内他州への移動が4月から行われている。28日には第6回目の移動プロセスとして、187人がアマゾナス州マナウス(65人)、パライバ州ジョアン・ペソア(69人)、サンパウロ(53人)の各市へ伯空軍機で移動した。国内メディアが同日付で伝えた。
 ロライマ州からブラジルへ入国したベネズエラ人の大半は同州内に滞在しており、州都ボア・ビスタでは市人口(約33万)の7.5%に相当する2万5000人に上る。現在は1日あたり500人がブラジルへ入国していると推計されている。ベネズエラ人の流入増加は、保健をはじめとした自治体の行政に影響を及ぼしている。国境市のパカライマでは今月18日、同市の商業者がベネズエラ人と疑われる強盗に襲われた事件をきっかけとした抗議行動の際、一部住民が同市内の屋外で暮らすベネズエラ人を居住場所から追い出し、持ち物に放火する出来事が起きている。
 ベネズエラ人移住者の同州から国内他州への移動は希望者を対象としたもので、国連難民高等弁務官事務所などの国連機関の支援を受け、連邦政府により今年4月から実施されている。7月までに820人が国内7市へ移り、うちサンパウロ市では287人を受け入れている。
 今回の187人の移動により、ロライマから他州へ移ったベネズエラ人は1000人を超えた。これらのベネズエラ人は各地の一時保護施設に滞在し、個人納税者番号や労働手帳などのブラジル滞在のための手続きが採られる。30日にはさらに89人が、パラナ州ゴイオエレ、リオ・デ・ジャネイロ、ブラジリアへ移動する予定となっている。大統領官房は、8、9月に約400人が移動するとの見通しを示している。
2018年8月29日付

文化ホール 「第4回さあ、始めよう」公演 中島事務局長「完成は年内に」サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1案内に来社した一行
 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)地下に建設中の『文化ホール』計画の資金捻出を目的に、歌手の中平マリコさんが呼びかけて始まったチャリティショー『第4回さあ、始めよう』が、9月2日午後1時から同4時までサンパウロ(聖)市リベルダーデ区の文協大講堂(Rua São Joaquim, 381)で開催される。
 中平さんは「地方の文協からすると、サンパウロ市の文協は話を聞いてくれない。先人のように、同じ日系社会だから一つになれれば」と考え、『さあ、始めよう』で資金を捻出し、文協を大事にしようという思いから同イベントを始めたという。
 工事の総予算は200万レアルで、過去3回の公演で集まった合計金額は16万439・50レアル。文協の中島エドアルド剛事務局長は、「ルアネー法で110万レアルが集まっている」と説明するが、日伯文化社会統合協会の同計画収支表によると、日系企業などから集められた「その他の寄付金」が6万9283・70レアルで、公演の寄付金を合わせた収入合計は22万9723・20レアル。昨年6月から今年3月まで行った工事などの支出が15万9792・88レアルで、今月7日現在の残高は7万8864・14レアルとなっている。
 今後の工事予定はガラス壁の購入と設置をはじめ、展示用のショーウィンドーの購入、トイレ、バリアフリー備品の購入と設置など合計で11項目ある。中島事務局長は「建物として使用できるための申請ができるように、完成は年内にしたいと思っている」と話す。
 また、中平さんは日本から62万円の寄付金を集め、今回ブラジルに持参した。「資金はいつでも必要ですから、やれる限り続けます」と中平さんは、同ショーを今後も続ける意向を示した。
 中平さんとともに来社した上辻照子副会長と中島事務局長は「昨年は呉屋会長も安来節(どじょうすくい)を自らやってくださったり、普段滅多に見られないショーになっています。ぜひ、お越しください」と来場を呼びかけた。
 協力金(チケット)は30レアル。文協事務局(電話11・3208・1755)で販売している。
2018年8月29日付

ポルト・アレグレ 灯籠の記念プレート除幕 金沢市との姉妹提携50周年を記念  サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1除幕式の様子
さらなる両市交流の深化を期待
 リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ市(ポ市)と石川県金沢市の姉妹協定提携50周年を記念し、昨年にポ市内のParque Moinhos de Vento(風車小屋公園)に設置された徽軫灯籠(ことじ・とうろう)の記念プレートの除幕式が、17日午後4時半から行われた。当日は約60人が集まり、金沢市と同市の強い絆をうかがわせる式典となった。
 ポ市と金沢市が姉妹提携都市となったのは、同州のペロタス市と石川県珠洲(すず)市が日伯間で1963年9月11日に初めて姉妹都市提携を結んだことが起因する。当時の在日ブラジル大使のルイス・カルロス・レッサ・ヴィニョーレス氏が珠洲市に深い愛情を抱き、初めて姉妹都市となったことをきっかけに、リオ・グランデ・ド・スル州都のポ市と石川県庁所在地の金沢市が、67年に姉妹都市となった。
 徽軫灯籠は、日本を代表する3名園の一つである石川県金沢市の兼六園(けんろくえん)に建設され、同園のシンボルとして知られている。同市は世界7カ国と姉妹都市提携があり、昨年のポ市に灯籠を建設したことにより、全姉妹都市に設置されている。
イメージ 2
徽軫灯籠と設置された記念プレート
 同式には、山田彰在ブラジル日本国大使、木村元在クリチバ日本国総領事、近藤猛在ポルト・アレグレ領事事務所所長、レアンドロ・デレモス市長代理らが駆けつけ、樋渡ミルトン日本祭り実行委員長、南日伯援護協会の谷口浩会長、南伯日本商工会議所の和田好司会頭など各日系団体の代表らが集まり、除幕が行われた。

 冒頭では、除幕式に事情により欠席となった金沢市の山野之義(ゆきよし)市長のメッセージを和田会頭と和田恵子さんが日ポ両語で読み上げた。山野市長はメッセージの中で「本市のシンボルがポルト・アレグレ市に親しまれているのは素晴らしいこと」とし、「この日本週間及び日本祭りが開催されることによって、日本国民相互の交流が更に活発になり、両国の相互理解と友好が促進されるとともに両国の関係がより一層発展することを期待してやまない」と今後の両市の交流を深化させていくことを強調した。

 ネルソン・マルシェザン市長代理のデレモス氏もネルソン市長からのメッセージを読み上げ、「ポルト・アレグレはシュラスコのレストランよりも日本食レストランがあり、サッカーよりも空手が普及している」と日本文化が同市に浸透していることを述べ、「子どもからお年寄りまですべての人が訪れるこの公園に金沢市のシンボルが設置されたのは素晴らしいことだ」と金沢市への深い友情を強調した。

 最後に中平マリコさんによる「金沢望郷歌」や「Calinhoso」など3曲が歌われ、会場は大いに盛り上がった。

 式典を終え、和田会頭は「金沢市長からも日ポ語でお祝いの言葉をいただき、良い式典だった。これが未来へも続けば」と今後の発展を願った。

2018年8月29日付


↑このページのトップヘ