私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2019年11月

≪ブラジルを理解するために≫ 日本ブラジル中央協会HPより

連載192:「ブラジルに60年」その14

執筆者:山下 日彬
(ヤコン・インターナショナル)

 

流行のツイッタ-などSNS同様に、指でスクロールしながら、一瞬に読み取れます。興味ある内容のみに眼を止めてください。

 

「天皇陛下即位礼正殿の儀」

朝から降っていた雨が直前に上がり、虹がかかる。


0000 a 1 brasil yamashita 1

日本のテレビ報道より

 

「ボルソナーロ大統領、饗宴の儀に参席」

正装のボルソナーロ大統領がにこやかに到着。

0000 a 1 brasil yamashita 2


0000 a 1 brasil yamashita 3

羽田空港に着陸した大統領専用機

 

「ボルソナーロ大統領中国へ公式訪問」

即位礼正殿の儀で訪日の後、大統領一行は北京を訪問。選挙キャンペーン中は、「中国はブラジルを買収している」と発言していたが、就任後は中国企業に対して投資歓迎となり、各州知事は、先を争って中国企業の誘致合戦を展開している。

 

「年金改革法案、上院で可決」

1回投票は10/1、賛成56票、反対19票で可決、第2回投票は10/23、賛成60票、反対19票で承認された。11/19大統領により公布される。10年間の歳出削減効果は12,000億レアイスが見込まれていたが、8,003億レアイスへ減少された。

 

「サンパウロ市の地下鉄6号線を中国資本が工事請負か」

10/21資金不足で中断しているサンパウロ市の地下鉄6号線工事を中国鉄建(CRCC)グループ傘下のCR20社が請負交渉中である。オデブレヒト社など3社で構成されているコンソーシアムが請け負って中断中の工事。

 

「今年第3四半期のペトロブラスの純益は36.8%増」

岩塩層下(プレソルト)原油増産で、前四半期比36.8%増の908,700万レアイスを記録した。傘下のBR DISTRIBUIDORA社売却による139億レアルの臨時収入と訴訟による24億レアイスの赤字も計上済みである。

 

「周辺国情報:アルゼンチン大統領選投票結果」

10/27左派元首相フェルナンデス47.9%、45%の水準を超えたので当選確定、12/10に就任する。現職マクリは40.5%で敗退。国民はドル買いに走っていて対ドルレートは10/2660.02ペソに。

 

「周辺国情報:ウルグアイ大統領選11月に決選投票」

10/27大統領選左派政権与党ダニエル・マルティネス40.52%、野党の弁護士の右派候補ルイス・ラカジェ・ポウ29.77%、過半数に達しないため11/24に決選投票。

 

「周辺国情報:ボリビア大統領選挙モラエス4選」

10/20現職モラエスは47.07%で当選したが、野党側の選挙結果が不正に操作されたとして、抗議のデモ。過半数に達しない場合、2位と10ポイント以上の差がない場合は決選投票となる規則。

 

「周辺国情報:サンチャゴで大規模抗議デモ」

サンチャゴでは10/19バスや建物、地下鉄駅などに放火、市民が抗議デモを開始。デモ参加者と治安部隊の衝突が2日連続で発生、10/20は外出禁止令。

 

「周辺国情報:コロンビア地方選、ボゴタで初の女性市長」

10/27コロンビア地方選で、ボゴタ市長に中道左派初めての女性市長クラウディア・ロペス氏が当選した。

 

「周辺国情報:ベネズエラ通貨危機」

昨年8/205桁のデノミをしたボリバル・ソベラノ(Bolivar Soberano)は本年になって約37倍下落。国際的な規制を逃れて、Petroなど仮想通貨を外貨準備や決済に使用する歴史的実験か。


0000 a 1 brasil yamashita 4

 

「ブラジルへの獣医派遣」

獣医校認可が問題になったが、兵庫県は1956年に獣医の酒井孝雄氏を但馬牛とブラジルへ送っている。但馬牛、雄2頭、「和泉」「勝浦」を北パラナの南銀の農場で、ゼブ種と公配させたが、暑さに弱く34年で死んでしまった。
見学を兼ねて遊びに行ったときの写真。

0000 a 1 brasil yamashita 5

左から2人目酒井孝雄氏

 

「トランプさんの関税効果は」

 一般的なテレビ市価でみて、30%の関税をかけても国産は増えないだろう。
一時は1インチ100ドルと言われた時代もあった大型テレビだが、米国市場で4K画素45インチは249ドルで買える、国内輸送料はいくらかかるか。最新8画素で85インチが5千ドルだ。

0000 a 1 brasil yamashita 6


≪絵本「ZAO」について≫  荒木さんから亡くされた大学生の息子さんパウロさんと愛犬蔵王との思いでの絵本を送って頂きました。


和田さん、

ZAO」のコピーを25日に普通便で郵送しました。来週の初め頃に着くそうです。

日本語に訳していますが、昨日気が付いたのですが、訳した文の半分程だけのコピーを同封した事です。もし良かったら全文の訳文を改めて送ります。

この本の翻訳はサンパウロの中野さんと云う人に訳してもらった文で良く書かれています。 

荒木


荒木さん 「ZAO」のコピー今日事務所に出たら届いていました。有難うございます。できればfreemlの最後のメールとして380人の皆さんに届けばと思いポルトガル語版ですが、全文と漫画を掲載させていただきます。送っていただいたものを写真に取り込み写真版としてBLOGに掲載しそれをFREEMLの最後のメールとして流すようにします。漫画だけでも皆さんに届くと良いですね。良いお息子さんの思い出を残して置かれて良かったですね。お友達のお母さんが書いて下さったようですが、感動しました。

有難う。日本語訳版があればこれもBLOGに掲載させて下さい。allserverで流しますので。

IMG_6003

IMG_6004

IMG_6005

IMG_6006

IMG_6007

IMG_6008

IMG_6031

IMG_6009

IMG_6010

IMG_6011

IMG_6012

IMG_6013

IMG_6014

IMG_6015

IMG_6016

IMG_6017

IMG_6018

IMG_6019

IMG_6020

FREEMLのメンバーの皆さんへのお別れの言葉!

 

長年お世話になったGMOfreemlの配信サービスが終了することになり折角お付き合い頂いた皆さんの名簿だけでも取って置きたいと思い事務所で昼抜きで20ページの住所録をコピーしました。YAHOOMLからの移転は、2014217日になっており6年弱の間になんと4万9千通のメールが飛び交いました。単純計算で月間平均710通(一日に23通)になります。この間、退会された方は、掴んでいませんが、現在登録されているメンバー(ニックネーム、参加日時、番号付き名簿による)は、382名に上ります。

多くのメンバーの皆さんは、既に配信停止になっていましたが、手動で時間をかけ最後のこのメールを受け取れるように配信再開手続きをさせて頂きました。無事このお別れの言葉だけは、届いて欲しいです。長らくお付き合い本当に有難うございました。来週からは、皆さんの所には、メールが届かなくなります。これで清々したと喜ばれる方もいると思いますが、なんだか淋しいと感じられる方は、是非またALLSERVERMLに登録をしてお付き合い下さい。お待ちしています。手続きは、参加希望のメールアドレスを和田宛に送って頂き、招待状を出しそれを承認するといったプロセスが必要ですが、wada@sawayaka.com.br  でなんでもご相談下さい。お腹が空いてきたのでこれで一端、終わらせて頂きます。

また最後のメールを明日送ることにします。

IMG_6037

弥勒米ずくめで和食普及=AZUMA KIRIN ニッケイ新聞WEB版より

弥勒米ずくめの合作和食で弥勒米の品質の高さと和食の奥深さを参加者にアピールした

 AZUMA KIRIN社(尾崎英之社長)は16日、サンパウロ市の日本文化広報施設ジャパンハウス内の日本食レストラン『藍染』にて、弥勒米広報イベントを行った。レストランオーナーや料理人を中心に約70人が参加した。
 弥勒米の製品紹介と新発売するウルグアイ産の赤・白ワイン『CERRO DEL TORO ALBARINO 2019』の紹介を行ったほか、日本から招いた寿司職人の山崎源太郎さんによる日本米の調理講習を実施。洗米のコツや美味しい酢飯の作り方、寿司の握り方の実演を行い、参加者に日本食の技術の細やかさを伝えた。

 『藍染』の白石テルマシェフと山崎さんによる競演企画も実現。前菜から主菜、デザート、食中酒に至る全ての品目に弥勒米を使用した、2人が考案した創作和食コース料理が参加者に振舞われた。
 参加したシュラスコレストラン・バルバコアの料理人マルセロ・フォーバロさんは「2人の料理は一品々々が丁寧で、和食の素晴らしさを実感できた。お米の香りや旨み、弥勒米の品質の高さを感じることが出来、参加してよかった」と感想を語った。
 イベント後、尾崎社長は「前身の東山農産加工社が日本人移民のために日本酒『東麒麟』を製造し始めてから今年で85年が経つ。今では日本人移民だけでなく、ブラジル社会へ日本食文化を伝えることも当社の重要な使命となっている。これからも品質に嘘をつかず、製品を通じてしっかりとブラジル社会に日本食の素晴らしさを伝えていきたい」と述べた。


□関連コラム□ 大耳小耳

 AZUMA KIRIN社のイベントで供された弥勒米ずくめの合作料理は以下の様なもの。調理技術もさることながら、献立自体も考えぬかれたもののようだ。【前菜】米カレーコロッケ、米粉生春巻き、海老のぶぶあられ天ぷら、【寿司】鮪の醤油漬け、海老の黄身漬け、蛸の柔らか煮、ビジュピラの昆布締め、帆立味噌漬け、梅胡麻味噌河童巻き【主菜】タラの塩麹焼きエリンギほうれん草添え、海鮮おこげあんかけ【デザート】米乳とアーモンドのパンナコッタ【食中酒】東麒麟・生酒、東麒麟・吟醸。


ブラジル人の平均寿命76・3歳に=前回調査より3カ月延びる ニッケイ新聞WEB版より

ブラジルの平均寿命は1940年から継続して延びている(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 地理統計院(IBGE)が28日、昨年のブラジル人の平均寿命は76・3歳で、前年比0・4%延びたと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。
 平均寿命は1940年以降、延び続けている。1940年の平均寿命は45・5歳だから、当時からだと30・8歳、2017年比だと3カ月と4日、延びている。

 IBGEでは、寿命の延びを、新生児や乳幼児の死亡率の低下、保健衛生や医薬品の進歩、上下水道の普及、ゴミ回収率の向上などの結果と位置づけている。運動や食事のバランス、飲酒や喫煙を減らすなど、国民が健康に留意するようになった事も大きいという。
 この先、何年生きられるか(平均余命)は年齢毎に違い、2018年の平均寿命は同年の0歳児の平均余命にあたる。
 ブラジルは交通事故や殺人事件、仕事中の事故などで死亡する人が多く、これらの要因で死亡する可能性が高い若者の平均余命に年齢を足した寿命は、その時期を過ぎた人の寿命より短い。
 例えば、30歳の人の平均余命は48・7年で、年齢を足した寿命は78・7歳だが、40歳だと、平均余命は39・5年で寿命は79・5歳と少しずつ延びる。50歳の人の平均余命は30・7年で、以下、60歳22・6年、70歳15・3年、80歳9・6年となっている。
 性別に見た平均寿命は女性79・9歳、男性72・8歳で、女性の方が7歳以上長い。これも、男性の方が交通事故や殺人事件などで死亡する率や乳児死亡率が高い事などを反映している。
 1940年はさほど明確な差はなかったが、昨年は、20~24歳の男性が25歳まで生きる確立は女性より4・5倍低かった。ただし、前年比の寿命は男女共、0・3歳ずつ延びた。
 地域格差も大きく、サンタカタリーナ州の平均寿命は79・7歳。エスピリトサント州、サンパウロ州、連邦直轄区、リオ・グランデ・ド・スル州も平均寿命が78歳を超えたが、マラニョン州は71・1歳、ピアウイ州は71・4歳で、国内平均を大きく下回った。
 なお、1歳未満で死ぬ乳児死亡率は、出生児1千人に付12・4人で、前年の12・8人より低下。乳児死亡率は継続的に低下しており、1940年の146・6人比91・6%改善している。


↑このページのトップヘ