私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2021年11月

繁田一家の残党=ハナブサ アキラ=(20) ニッケイ新聞WEB版より

 その翌年、仙台で開催された健康保険水泳大会に、田中嬢とワイは同じ福岡県チームの代表として出場し。アイスクリームを食べながら将来を話し合ったが、お互いうまく噛み合わず、ワイは失恋した。
 仙台では福岡県代表の宿舎で黒佐氏の弟と同室になり、ワイが寝言で聡子のうわごとを言ったと兄の黒佐氏に告げられた。
 支店長の宍倉さん、次長の高橋忠さん、駆け出しの頃に東芝トレーニングスクールで共に学んだ西条君他仙台支店の連中が、30歳以上平泳ぎで“一着ハナブサ君・東芝放射線”のアナウンスにワイが優勝したと勘違いして、東北随一の料亭で一席設けてくれた。
 予選で一着になったので翌日には決勝があるが、せっかくの招きを断るのも悪く飲むめや唄えの、どんちゃん騒ぎになった。
 翌日時間ぎりぎりで駆けつけた決勝では、二日酔いのせいで溺れてしまいゴールインできなかった。
 宍倉さんは「支店長会議で繁田さんの隣に座ると、酒臭くてかなわん、親分が親分なら子分も子分。それならそうと云ってくれれば一日後に祝勝会が出来たのに・・・。水泳選手がプールで溺れるなんて前代未聞だよ」と、云われた。
 宍倉さんは本社で役員歴任後定年になり、東京・目黒の三条侯爵邸跡に建ったデラックスな病院ホテルに投資されたが経営がうまくいかず大損されたと、聞いた。

 後日談になるが、その隣の三条パレスマンションには、今でも繁田未亡人が暮らしており、ワイは訪日の都度おやじの仏壇にお参りする。福岡の寮で暮らしていた頃、おやじは「俺が死んでからお参りしてくれるのは誰か、大体見当がつく」と、いつも言ってたが奥さんの話では、ずばりその通りになったとか。
 おやじの墓は御殿場にあり遠いので、ワイは墓参は一度しかしてまヘん。
 「俺並みに運転手付きの地位にまでなれるのは、仁科ぐらいなもんじゃ」と、おやじはよく云ってってたが、事実そのとおりになった。
 仁科は、中部支社長になり名古屋で運転手付き、定年後は東芝メデイカル九州サービス社長として出向し、今は4人の孫の爺様。
 おやじは3年目になって、やたらに四国の輩下を移入しだした。
 サービスの麻植、寮の居候に浜野のみっちゃん、北九州に『薄禿』の川上。居候のみっちゃんは、若い寮母が「浜野さんは出勤もせず、一日中焼酎ばっかり飲んで寝てるので気味が悪い」という得体の知れない存在。
 そやけど、誰もおやじに訊き出す者は居なかった。汚職か何かの責任をかぶらされるような事情があって四国に居れないので、冷却期間、おやじが身柄を預かってたとワイは思う。
 北九州に、うだつの上がらん大里というセールスマンが居た。渾名は『岩風』、入社当時は釘さんの許で営業見習させられてるのに、達磨さんの運転する助手席で鼾をかく始末。動かぬ達磨があきれるぐらいの動かない人物。
 そいつの叔父でハワイ2世の梶原氏が、ニューヨークのジェトロの仕事で福岡に出張して来た。
 同氏の上司が徳山二郎氏、やはりハワイ2世で当時のジェトロ・ニューヨーク所長。後年、野村総研社長になった有名なエコノミスト。

000000 1 a 1 maruki 6

米国三世カレン・ヤマシタさん=全米図書協会米国文学功労章受章=日系初「広大で革新的な作品」 ニッケイ新聞WEB版より

ライブ表彰式に出演したヤマシタさん。(https://www.youtube.com/channel/UCKjAJDxQwyrObh-ph3OZtng)

ライブ表彰式に出演したヤマシタさん。(https://www.youtube.com/channel/UCKjAJDxQwyrObh-ph3OZtng)

 ブラジルと縁が深い日系アメリカ人三世の作家、カレン・テイ・ヤマシタさん(70歳)が全米図書協会よりアメリカ文学功労章(Medal for Distinguished Contribution to American Letters)が授与され、11月17日に開催された第72回全米図書賞授賞式で表彰された。
 ヤマシタさんが受けたメダルは、米国文学界に大きな影響を与えた作家に贈られるもの。ヤマシタさんがこれまで「ジャンルを超えた広大で革新的な作品」を生み出してきたと評価され、受章者に選ばれた。

 歴代の受章者(https://www.nationalbook.org/programs/dcal/#tab-2)にはノーベル文学賞受賞者のトニ・モリスン、日本でも人気の高いレイ・ブラッドベリやスティーブン・キングら錚々たる世界的作家が名を連ねている。ヤマシタさんは34人目で、日系人としては初の受賞者となる。
 ヤマシタさんはカリフォルニア州オークランド生まれの日系三世。ミネソタのカールトン・カレッジで英文学と日本文学を専攻し、1971年に早稲田大学で1年半の交換留学、75年からは日系ブラジル人の移民を研究するために渡伯。
 日系移民の広範な歴史を知るため、日本人移民の子孫やコミュニティで取材などにあたり、10年もの間ブラジルで過ごした。その間にブラジル人建築家のロナウド・ロペス・デ・オリベイラ氏と結婚し、短編や戯曲を書き始めた。
 ブラジルに関する作品は1990年に発表の処女作『Through the Arc of the Rain Forest(熱帯雨林の彼方へ)』、92年発表の日本人移民の歴史小説『Brazil-Maru(ぶらじる丸)』がある。
 家族が所有する手紙や日記、写真や公式文書などから第2次世界大戦中の日系人強制収容所を回顧する『Letters to Memory』、1968年のサンフランシスコでアジア系アメリカ人の市民運動を描いた『I hotel』など日系人やアジア系アメリカ人作家としての作品を多く記している。
 同章は全米図書賞の元受賞者や元最終候補者、元審査員、全国の作家や文学専門家が選出し、最終的に同協会の理事会が受章者を決定する。
 表彰式の模様は同協会公式のユーチューブチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCKjAJDxQwyrObh-ph3OZtng)上でも中継されており、現在も視聴可能だ。
 メールで本人に受章について感想を求めると「光栄です」と喜んだ。以下、一問一答。
【本紙】最近、アメリカ映画やドラマの中でアジア系や日系人の描かれ方が変化しているという記事を見た。文学界では?
【ヤマシタ】近年、米国のメディアでアジア系米人の存在感が増しているのは事実。とはいえ未だ映画では、真っ先に死ぬ登場人物である可能性が高く、ステレオタイプや東洋的なイメージを持たれ続けています。
 しかし、アジア系米人の監督や俳優の認知度が上がってきているので、表現方法に前向きな変化が見られることを期待しています。あとは、私たちの視点で、私たちの物語が語られることです。
【本紙】ブラジルで日系移民について10年近く研究されたが、興味を持ったきっかけは何だったのか。
【ヤマシタ】トーマス・J・ワトソン奨学金で外国に渡航する機会を得ました。日本で勉強や旅行していたので、ある程度の語学力はあったのですが、どうしても南米に行ってみたかった。
 奨学金で渡伯し、伯国と米国の移民コミュニティを比較する研究プロジェクトを立ち上げました。最大の日本人移民社会がアメリカやハワイでなく、ブラジルだと知ったときから驚きの連続でした。
 その研究は、1992年に出版された歴史小説『ブラジル丸』(Coffee House Press)の執筆に結実しました。この作品がポ語に翻訳されることはありませんでしたが、この作品は皆さんのコミュニティのために書かれたものです。また、フィクションとノンフィクションが混合する『Circle K Cycles』(2001年)は、日系ブラジル人の日本デカセギ経験を描いたものです。

特集=日本政府支援事業「サンパウロ日伯援護協会」コロナ感染防止キャンペーン=「広島のような復元力を信じる」=援協主催の講演会第2回目=歴史家レアンドロ・カルナル氏=コロナ禍で露呈した文明の弱さ分析  ニッケイ新聞WEB版より

レアンドロ・カルナル氏

 日本国外務省の委託を受けてサンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)が開催する第2回目の講演会が、11月11日午後8時から日伯友好病院で実施された。今回は、著名な歴史家であるレアンドロ・カルナル氏を招き、『新しい時代の幕開け準備できていますか』をテーマに講演が行われた。
 同氏は2019年までカンピーナス州立大学で教授として教鞭を執り、2020年からCNNブラジル内の番組「CNN Tonight」の司会者の1人として出演、エスタード紙への執筆やアメリカ史や宗教史に関する書籍の出版、独自のユーチューブチャンネルを開設し、全国で講演会を行うなど幅広く活躍している。
 同氏のインスタグラムのフォロアーは415万人、ユーチューブでも128万人が登録している超有名人だ。

現代は不安でぜい弱な社会

レアンドロ・カルナル氏のインスタグラム

 1963年に南大河州サンレオポルドで生まれたカルナル氏は今回、パンデミックに直面し、現代は不安でぜい弱な社会となっていることを痛感、技術の進歩と裏腹な弱さを分析した。
 例えば、1千年前に使用されていた羽ペンは、産業革命によって金属製の万年筆に取って代わられ、50年前にはボールペンが登場した。去年購入した携帯電話が壊れて店に持って行くと、「古い商品なので部品がない」と言われる。新しい技術が出る度に使用される期間が短縮され、新製品が入れ替わる時代になっている。

 「今は服や靴も修繕することはなく、使えなくなったら捨てます。結婚も同じ。その分、社会は弱くて壊れやすくなっています」と示唆する。


情報に溺れず正しい選択を

 カルナル氏の青年時代は、紙の地図を見て目的地を探し、百科事典を調べて知識を得て、週末にピザ屋へ行くのを誘うのには一人一人に電話した。今は携帯電話一つでそれらが解決する。
 「血液検査の結果も、インターネットで検索すれば正常値を確認できる時代。しかしデータはあふれていても、人々はデータと意見の区別をできなくなっています」とロボットやアルゴリズムの支配する世界になり、今後の人間の役割は創造性であると考える。
 インターネット上で様々なミーティングが開かれ、おそろいのTシャツを作り、人間関係は水平な社会になり、立場を越えて飛び交う時代にもなっている。
 「20年前の私は大学教授と紹介されていましたが、今はそういうのはなくなりました。しかし、インスタグラムでフォロワー数が多い人やネット上で人気の高い人が、良い人ということにはつながりません」と指摘する。
 現代は物を作るよりもアイデアを売る時代で、情報が氾濫する民主主義社会では、正しい情報を選択しなければならない。「ピザ屋に行けば、200種類のメニューがあるかもしれません。しかし、本当に売れているのは5種類だけということがあります」

医学も間違うことがある

 ブラジルが最後にパンデミックを経験したのは1918年のスペイン風邪の流行で、当時はワクチンもなく、自分たちの判断で生活を自粛し、事態が収まるのを待った。
 今回の深刻なパンデミックでは、技術の発展により早いスピードで様々なワクチンが開発され、接種が広く行き渡り、新型コロナによる死亡者数が激減する日を迎えた。人類は医学を信じ、医療行為を受ければ生き残ることができるということにもなる。
 だが、カルナル氏は「科学は神学ではなく、100%保証されていません」と注意を喚起する。
 カルナル氏は子供の頃に偏平足と診断され、長年専用の靴を履き、周囲には笑われながら足のケアをしてきた。その足が痛むので病院に行き、50年後に受けた診断では、「そのような治療は今では存在しない」と、いとも簡単に過去に信じていたことが覆された。50年前と現在では医学の知識も変化している。
 「病院はノアの箱舟のようなものですが、白アリが船底に穴をあけると船は沈んでしまいます」と、科学の進歩がいともたやすく常識を根底から覆す現在を比喩した。

講演会の会場の様子

小さな英雄を称える

 「パンデミックを恐れるのは間違いではないでしょうか。恐れや痛みを知らない人にとって、痛みは何かの警鐘のサインです」
 今、ブラジルでは睡眠薬や精神安定剤がとても消費されているという。新型コロナへの感染を恐れて通院を避ける人がおり、病院や葬儀に行きたくないという若者もいる。

 「病院では感染リスクにさらされながら働いている人がいます。その様な人々は小さな英雄です」と医療関係者に敬意を表する。
 それは、「ナチスドイツがユダヤ人を追い出していた時に、オランダでアンネ・フランクの家族をかくまっていた人々や、東日本大震災で福島の原子炉の後処理を担っていた人々の勇気に通じるものがあると確信する」と力説した。


教育による社会問題の解決策

 社会問題は教育によって解決策を見出すべきで、教育効果が出るのには時間がかかるが、必ず機能することはブラジルでも証明されている。
 日本人は全体のルールを守って行動するが、ブラジル人は主観的で、自分がルールを守らなかった時でも、自分を弁護する言い訳をよく述べる。とはいえ、かつて車のシートベルトをなかなか着用しなかったブラジル人たちも、何度も繰り返し言われることで、今ではシートベルトをするようになった。
 そのように、例えば人種差別の問題にしても、若い世代には教育することで少しずつ効果が出て、解決の方向へ向かわせることができると期待している。
 今の世界は一つのコミュニティであり、一カ国を隔離してワクチンを接種しても、デルタ株のように強力なウイルスが発生すれば、あっという間に世界中へ広まる。人類は戦争を繰り返し、互いの命を奪い合うという逆風にさらされても発展を遂げてきた。
 そして、未来を生きる若者には、繰り返し教育することによって、「世界は一つのコミュニティであり、人種差別や暴力をなくし、異文化を共有しなければならない」とカルナル氏は説く。
 「私はパクチーの香りが苦手で食べられませんが、それを遺伝的に受け入れられる人もいます。パクチーを好きな人もそうでない人も、同じ人類の仲間なのです」

レアンドロ・カルナル氏のユーチューブチャンネル

広島のような復元力を信じる

 カルナル氏は日本を旅行したことがあり、ある女性から届いた俳句がとても印象的だった。それはお寺の鐘に蝶が止まっている情景を詠んだもの。西洋では教会の鐘には同じように硬い金属をぶつけるのに対し、それとは対照的に、柔らかい蝶と共存している情景が詠まれていることにインスピレーションを受けた。
 さらに、広島を訪ねた時のことを振り返り、「『水がほしい』と言った被爆者のために水が供えられ、植樹して平和の尊さを伝えてくれる広島のように、全世界のパンデミックからの復元力、回復力を信じます」と、尊敬する日本文化に思いを寄せた。
(*同講演会のオンライン配信は、援協と日伯友好病院のユーチューブチャンネル(日本語同時通訳付き=https://www.youtube.com/watch?v=__AzRdOoA6g、ポ語=https://www.youtube.com/watch?v=qZ66hqFLc2E)で再生できる)


≪Covid-19 INFO (11月29日)≫ リオの山下さんからの報告です。


和田 様

 

山下リオ@日本です  

世界の最新コロナ情報(11/29

 

11/29 COVID-19の世界累計感染数261760996人、死亡者数5217086人。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 1

世界計でついに第六波に突入、WHO !!!!!                      

ロシア、ドイツ、オランダ、チェコ、ベルギー、オーストリア、デンマーク、韓国などで過去最多の陽性者急増中。

 

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 2

<参>日の増加率:1.4%で月五割増、2.4%で月倍増となる。

日の増加率1%越えベルギー。

0.5%越えは、ドイツ、ポーランド、オランダ、チェコ、デンマーク、韓国、オーストラリアなどだがいずれも日の死亡者数は抑えられている。

 

累計感染者数を対数グラフにすると傾向が図示できて比較も可能になる。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 3

<グラフ解説>

カーブが水平に移行すると増加の止まりを意味する。

 

<中国>遼寧省、黒竜江省、河北省など25州で感染発生。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 4

出所:Wikipedia,Jetro短信などより要約。

 

グラフで見える

<米国> 

現時点の入院感染者数9420095人(83977人増)、重症感染者数(ICU)12539(764人増)

 

<ブラジル>

現時点の入院感染者数173278人(9244人減)、重症感染者数(ICU)8318人。

 

<英国>新規感染増加が止まらない。

現時点の入院感染者数1017086人(人増)、重症感染者数(ICU)925人(2人増)。

 

<トルコ> 新規感染山越え、死亡者数横ばい。

現時点の入院感染者数390999人(13566人減)、重症感染者数(ICU)1405人。

 

<ウクライナ> 新規感染過去最多山越え、死亡者数は過去最多山越え。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 5

現時点の入院感染者数426669人(62052人減)、重症感染者数(ICU)177人。

 

 

<ルーマニア> 新規感染過去最多山越え、死亡者数も過去最多山越え。

現時点の入院感染者数40732人(27666人減)、重症感染者数(ICU)1573人(361人減)

 

<日本>

現時点の入院感染者数946人(306人減)、重症感染者数(ICU)43人(19人減)

 

<モンゴル> 新規感染過去最多の山を越えたが死亡者数も過去最多山越え。

現時点の入院感染者数65884人(3414人増)、重症感染者数(ICU)192人。

 

<オーストラリア> 新規感染過去最多山越え、死亡者数横ばい。

現時点の入院感染者数165826140人減)、重症感染者数(ICU)75人。

 

グラフで見る

新規感染者数が過去最多で現在急増中で死亡者数も急増している国が増加。

過去最多は医療機関の受付体制が過去に経験しない事態になることを意味する。

 

<ロシア> 累計感染者数9570373新規感染過去最多山越え、死亡者数は過去最多で増加中。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 6

現時点の入院感染者数1029507人、重症感染者数(ICU)2300人。

 

<ドイツ> 累計感染者数5782961、新規感染者数は過去最多急増中、死亡者数は抑えている。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 7

現時点の入院感染者数857850人、重症感染者数(ICU)4202人。

 

<オランダ> 累計感染者数2599579、新規感染者数は過去最多急増中、死亡者数は抑えている。

 

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 8

現時点の入院感染者数483641人、重症感染者数(ICU)546人。

 

<チェコ> 累計感染者数2123059 新規感染過去最多急増中。死亡者数も増加中。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 9

現時点の入院感染者数267434人、重症感染者数(ICU)948人。

 

<ベルギー> 累計感染者数1701633、新規感染者数は過去最多急増中、死亡者数は抑えている。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 10

現時点の入院感染者数367639人、重症感染者数(ICU)669人。

 

<オーストリア> 累計感染者数1143283新規感染過去最多急増中。死亡者数も増加中。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 11

現時点の入院感染者数148603人、重症感染者数(ICU)626人。

 

<デンマーク> 累計感染者数478927、新規感染者数は過去最多急増中、死亡者数は抑えている。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 13


現時点の入院感染者数72937人、重症感染者数(ICU)51人。

 

<韓国> 累計感染者数444200、新規感染過去最多急増中死亡率も過去最多急増中。

000000 1 a 11gatu 29niti yamashita 12

現時点の入院感染者数47003人、重症感染者数(ICU)629人。

繁田一家の残党=ハナブサ アキラ=(19) ニッケイ新聞WEB版より

 仁科がお笑い三人組と呼んでた石井、沖田、南川の三課長がパブリカに乗って鐘紡の打ちっ放しで会社をサボって練習してた。この鐘紡の跡地が現在のキャナルシテイ。仁科と高倉は瞬く間に上達し、今でも二人でコースを回るゴルフ友達。寮の朝は先ずゴルフの素振りで始まり、縁側でおやじの叱声が飛ぶ。ワイと室はさっぱり巧くならなかった。
 関学でピッチャーをしてた神戸営業所の西川が出張で来た際、キャバレー月世界に連れて行き中洲で飲んだ後、寮に泊め朝の素振り特訓にも参加させたら、おやじにどえらい剣幕で怒られた。
 「出張費貰うて来てるやつを寮に泊めることない。あのがき九州はゴルフばっかりしとる云うて、ふれて回りよるぜ」と、おやじに云われた通りになった。
 そやけど「やってないことを、やった云われたら腹立つけど、やってることをやった云われて何が悪い」と、おやじは実にあっさりしてた。
 リーダーシップとはこういうものかと、後々までごたごた云わないおやじに器の大きさを感じた。
 同期の河瀬直春(入社したときは加藤で、後に母方の姓を継いだ)が福岡に出張してきたが宿泊先を支店に予約させず、株主優待券を利用して呉服町にあった当時最高級の博多帝国ホテルにチェックインした。
 おやじ以下我々と中洲で飲んだ後、ホテルに帰ったら、お公家さんの出で学習院では常陸宮の同級生やのに、人相の悪い河瀬は泥棒と間違えられたのかホテルの夜警に尋問を受け、おやじが身請け人になり釈放された。

 なんでも、先祖が当時の東京市長・尾崎行雄に託しワシントンに桜の木を寄付したので、アメリカはニュー・ジャージー州に住む河瀬の弟のフランク氏が毎年春には桜祭りに招かれるとか。
 自費でアメリカに出張してGEのレントゲン工場を見学して来たり、東京の紀尾井町一帯の大地主だった。没落貴族とはいえ、下々の仲間からは見当のつかない大型ヨットの持ち主でヨット焦けで真っ黒の顔。弟のフランクが、じゃがと呼んでいた直春君は先だって崩御、合掌。
 フランク氏はニューヨークのウオドルフ・アストリアに宿泊中の細川護煕首相夫妻と親しく「・・・ちゃん」と呼び合っていたが共に上智卒。その大学は奇しくも嘗て河瀬家の所有していた土地に建っている。
 大分でも福岡でも水連の理事をしてたワイは、別府温泉プールで東京オリンピックの金メダルを目指し練習してた田中聡子と和田彦旅館でデート。記者の目を避けるため汽車には乗らずワイの運転で北九州までドライブしたり、八幡では彼女の勤め先の八幡製鉄所正門前にあった木下産商の前で会い、スプローザ(密会)という名のバーで密会してた。そんなある日、黒佐監督から大事を控え、ご放念くださいと書いた手紙を受け取った。
 東京オリンピックで、彼女は200メートル背泳ぎで自己最高記録で4位。
 黒佐年明氏とブリッジストン・タイヤの青木行義監督(元・オリンピック選手)と別府の「三角野郎」で時々飲んだが、黒佐さんぐらい酒を、うまそうに飲む人を見たことがない。この人も若死にした。

000000 1 a 1 maruki 5


↑このページのトップヘ