私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

2021年12月

第43回 バーチャル座談会 『新春放談、行く年来る年2021-2022』 その9

私たちの40年!! あるぜんちな丸同船者寄稿集 (nikkeybrasil.com.br)

今年最後の40年!!ホームページの更新は、バーチャル座談会 『新春放談、行く年来る年2021-2022』 その9になりました。富田さんの明けましておめでとうございますが入ってこれを最後にとTRYしたのですが、字数OVERで駄目でしたので来年に回すことにします。多くの皆さんの書き込みが次回、来年廻しになります。皆さんのコメント書き込みに感謝します。年末、年始の挨拶、1年の振り返り、新しい年への希望と云った内容を期待していたのですが、難しい日本の人口問題等の話題が賑わいこれもバーチャル座談会の特徴として皆さんのご意見を取りまとめています。丸木さんが中平マリコさんのクリスマスのミニコンサートの歌と挨拶をトロントでも紹介され南米への行きかえりにトロントにも立ち寄って欲しいとの話に進んでおり実現すると嬉しいですね。写真は、日本の雪景色をと思っていたのですが、届かず恵子の挑戦から借りて2022年の寅年に肖り可愛い寅の絵で飾ることにしました。

000000 1 a 1 bacharu zadankai HP 9

山下:ブラジル累計感染者数 22263834人。米国日の増加 46.6万人、NY 6.7万人、Florida 4.9万人、California 3.1万人 その他9州が1万人以上。EU軒並み過去最多。

丸木で~す オンタリオ州の隣のニューヨーク州で、今日の新感染者が6万人をはるかに超えたとは驚きです。オンタリオ州の新感染者数も急上昇ですから、国境閉鎖解除は誤りだったのかも。

古谷:皆さん もう二十年以上も昔、外務省北米第一課長の職を投げ打って辞職し、一介の評論家になった岡本行夫氏を在聖日本総領事館が招き、講演会を行いました。そこに出席した今は亡き「ソール・ナセンテ総裁」の赤嶺尚文氏より、講演会の感想を書け、と唆されて書いたのが掲題の「拙文東京裁判私観」です。
当時は、今と違って体力・気力も有り、一週間の半徹夜も何のその、卒論を思い出し乍ら、一気に書き上げました。それを赤嶺氏は多とされたのか、Bate-papo に送稿されたので、数名の方々から「読後感」を頂戴しました。「読後感」は別稿として、保存していますので、何れ機会を見てご紹介したいと思いますが、本日は本論の掲題の「私観」を別添でお送りします。各位の読後感をお聞かせ願えれば幸甚です。
尚、余談乍ら、在聖日本国総領事館が講演を要請した岡本行夫氏が、エリートポストであった外務省北米第一課長のポストを投げ打ったのは、外務省も、当時は次長・局長・次官のポストは東大法学部卒で占められて、他の大学卒では望むべくも無い状態だったので、一ツ橋卒の岡本氏はそれ以上の昇進を諦めたためと言われました。 
皆さん 永田鉄山少将殺害事件 昨日、お送りしました拙文「東京裁判私観」の本筋には含まれないので、書かなかったのですが、2・26 事件の前に掲題の永田鉄山陸軍少将(陸軍省軍務局長)殺害事件が起こり、世の中が騒然となりました。
陸軍省で「皇道派」と「統制派」の対立が先鋭的になったのは、昭和の初期でそれがピークに達したのは、昭和10年に起きた「永田軍務局長殺害事件」であり、その翌年に起きた2・26事件です。
「皇道派」と「統制派」の違いに就いては下記の資料をご一読下さい。(省略)
2・26事件に関わった軍隊は、近衛第一師団・同第二旅団、第一師団・同第一旅団、野戦重砲第三旅団でした。何れの師団長・旅団長は更迭されています。当時の平時編成では、歩兵師団は三個連隊で15千人、旅団が二個連隊で10千人の規模でした。
前置きが長くなりましたが、上述の通り、昭和拾年08月12日、当時の永田鉄山軍務局長(陸士16期首席)が、白昼執務室で、相沢三郎中佐(陸士22期)に斬殺される事件が起きましたが、これには「皇道派」と「統制派」の対立があったからですが、背景には上述の近衛第一師団、第一師団の満州派遣を不満とする反発気運がありました。
実は、永田鉄山は、陸士・陸大共に首席で卒業した大変な秀才で、「永田の前に永田無く、永田の後にも永田無し」と称された逸材でした。それも、単なる秀才ではなく、財界人とも交流を持ち、且つ芸者を揚げて遊ぶ風流人でもありました。この逸材の後を襲ったのが、後輩の東条英機でした。この東条さんは陸大入試に二期滑っています。
東条英機陸相は、極めて真面目で、記憶力が良い軍人でしたが、頭脳は明晰でなく、判断力に乏しい軍人でした。それが為、支那覇事変の最中、蒋介石との和睦に就き、駐華独大使の斡旋案を受けましたが、参謀達の突き上げで、受諾せず、事態を拗らせました。これが、永田鉄山なら、視野が広く、世界情勢を見通せたので、受諾して停戦していたであろうと言われました。
処が物は考え様で、若し支那覇事変を平和裏に収束しておれば、恐らく太平洋戦争は無かっただろうと思われます。然らば、戦後のどん底のビンボーに泣かされたが、平和な生活を享受した社会は無く、極貧の生活は無くとも、未だ軍人がのさばっている世の中になっていただろうと推測されます。
果たして、センソーに負けたのが、良かったのか悪かったのか? 又、長(冗)文になりました。ご容赦願います。

丸木で~す なんの根拠もありませんが、226事件の全責任は皇道派の総帥だった真崎甚三郎大将にあるのが通説です。東條さんが、どちら側か存じませんが

砂古です 真崎甚三郎は佐賀の出身で私の母校の旧制の佐賀県立佐賀中学の出身です。全校1250名一同が講堂に集められ真崎甚三郎の講演を聞かされた事があります。 何を喋ったか全然記憶にありませんが・・・。

丸木で~す 佐賀は日本の歴史を変えた偉人を輩出してますね。司馬遼太郎の「歳月」を読んだ時に僕の人生観が逆流しました。大久保利通が近代日本を築いたと信じてたのがどでん返しされました。佐賀もん江藤新平こそが近代日本の建設者と思い知らされました。僕は砂古さんも日系移民の偉人と尊敬してます。

砂古:丸木さん、 煽てられて、穴に入りたい程恐縮ですが、僕は生粋の佐賀ンモンでありません。両親は香川県ですから、僕
の本籍は香川県。生まれは親父が県庁の農務関係に配属されていた長野県。幼少のころは,親父が農林省の地方農林技師で配属されていた岡山の津山市、少年時代からは同じく親父の職務上佐賀に住みました。
佐賀では江藤新平の記念生家での習字塾に通いました。

古谷:: 丸木さ~ん 東条さんは、永田鉄山少将の後を襲ったのですから、同じ統制派です。永田少将殺害事件の反応は大きく、皇道派の幹部は主要ポストから外されました。

丸木で~す 母校(兵庫県立西宮高校)の校長からメールが届き感激してます。今年の予定表に僕の母校訪問が記載されてたとか。世界マスターズゲーム(年齢別オリンピック)関西大会競泳最終日の翌日の朝礼で神戸で獲得した金メダルを胸にぶら下げた世界一の先輩のスピーチを楽しみにしてたとの事で、来年に延期され更に再延期され2026年開催になったのが残念と書かれてます。それまで生きておれば出場するとレスしておきましたが、校長に任期も終わってるでしょうね。

和田: 丸木さん 母校の校長先生からのお便り凄いですね。世界1のメダルを胸に全校生の前でする丸木さんの凱旋スピーチ想像するだけで胸が熱くなります。私も神戸に戻ると市電の原田駅で降りて懐かしの地獄坂を母校迄歩くことがありますが、青春の時代を懐かしむことがあります。でも今は、校長の名前も碌に知りません。山手小学校、生田中学は、合併吸収で無くなってしまいましたが、神戸高校、早稲田は現存しています。当地のカトリック大学も存在です。母校とは良いものですね。
丸木さんの目標世界1は、延びれば延びるほど有利になります。90歳でまだ泳げたら間違いなく世界1を達成します。酒を断って長生きして下さい。応援しています。

村松:≪日本の人口問題について≫ 皆さん、 日本の人口減少は戦後の復興加速の為工業化に向かって急速に進み出した事で、地方の人口特に農村地帯が都市に急速に移動して行った事に起因しています。
 統計から見ると:
  昭和五年(1930年/ 64,450,000,
  平成元年(1985年/ 121,104,000,
  平成22年(2007年/ 128,057,000
  現在 (2021年/ 126,157,000
  令和22年(2042年/ 106,000,000
  令和67年(2080年/ 70,000,000
 この総務省による統計から察するに2007年が最高で2042年に1億人を切ると言う、そして2080年には1930年代に減少するとなっている。私の生まれた田舎町では3人以上の子供が多く我が家でも7人であった、都会では2名が普通で現在は1名と言う若夫婦の家庭が多い、また結婚しても子供にいない夫婦、結婚しない人口も増加している。歴史的に日本国の多くの偉人たる人物は田舎町そして農村出身から出ていた、自給の食料が行き渡り、田園を駆け回り健康な体と、豊かな自然環境でストレスのない心身共に豊かな暮らしの中から清く正しい人物が育ったのであろう。
 今、人口問題を解決するには絶好の機会であると思う、1億2千万人の内55歳以上の年齢層人口が今後15〜20年間健康で自由な働き方を選択して就労継続されれば海外からの労働力への依存度は低下する、また日本の政府主導のデジタル化、IT化、Ai搭載のロボットの更なる活用によって単純労働や重労働そして時間外労働が人間に変われる。
 人口増加に関しては地方が再生する事である、中国をはじめ東南アジア、南米諸国に依存したサプライチェーンを、日本の地方に呼び戻すことで地方に高齢者や若者が就労できる条件が生まれる、そして高齢化した農村の農家(1haの面積は高齢化した農家には広過ぎるため耕作放置が生まれている)この1haの農地を10aに分割し賃貸または販売して都会の移住者に提供することで、地主の農家は自給の生産と借地料や農地販売額を受け余生は薔薇色となる、また都会に出た後継者が戻ってくる、新規移住者は小住宅を建てるか街のアパートから通い10aを使いながら兼業が可能となり果樹や野菜そして鶏卵飼育が可能となる、若い世代にとっても10aに小住宅を建て、テレワークや近在の工場への就労と週末の農作物生産が可能となる、農業の指導、機械賃貸、農作物出荷等は各町村にあるのA組織が全てアドバイスや直接換入してくれる、もちろん地主はプロの農家でありアドバイスが得られる。
 地方特に農村地区への産業の移転や新規産業を育てていく事で人口も増加すれば子供も増える、食料も十分自給でき出荷もでき収入が増える、海外に移転したサプライチェーンを農村地区特に山間地で農業に不向きな場所に取り戻す事が大切である、そして何よりも政府の指導でインフラ整備が必要である、教育、医療、福祉、道路、橋、交通等である人口が増えれば当然のことであるとくに高齢者にとっては医療と福祉が充実すれば自然に人口が増える。
 食料の自給が疎かになっている、今回の選挙の公約でも「食料安全保障」が後回しになっている、安全保障は軍隊軍備増強、国内外のスパイ防止、ウイルス対策等は大切であるが全ては食料が足りてこその安全保障である、日本の食料自給は年々減少の一途を辿る、どんなに政府が多くの政策を打ち出しても農村の高齢化と過疎は止まらない、農地の荒廃も年々増加している、持続可能な農地は耕作を続けて初めて持続可能農地となる、世界の気候変動で食料の安定生産は低下し疑問である、現在でも多くの国で飢餓に苦しんでいる、これからも世界の人口は増加する、何時迄も食料を輸入に依存する体質は必ず困窮する、中国は先を見て備蓄のために世界中から穀類、ナッツ類、食肉、長期冷凍維持食品を集め回っている。
 日本に今求められるのは地方の活性化、農村地帯への産業呼び込み、都市人口の地方・農村地区への移転、それによって自給食糧生産(米、野菜、芋類、1%脂肪牛乳、栄養価の高い鶏卵、牛豚肉から鶏・ダチョウ・エミュー肉の食事を奨励)と産業への就労が促進され、人口増加と食料自給の増加と言う両輪が叶うと確信する、今こそ地方への中小新企業開始、都市人口の大移動を奨励する。 村さん-CA

古谷:村松さん 1950年代から 1960年代の高度経済成長期にかけて地方から東京・名古屋・大阪の三大都市圏への圏への急激な人口移動が生じたと言われています。これは、工業と農業の生産性の違いに拠るものです。
この偏重を是正する為に必要な、仰っている「地方の活性化、農村地帯への産業の呼び込み」の為の具体的な施策をお示し願えませんか? 宜しく。

村松:古谷さん、 農林水産庁の統計で:
  *農家戸数:
   専業・第一種兼業: 1,329.591(2015年)/ 1,631,206(2010年)
   自給・趣味: 825,491(2015年)/ 896.742(2010年)
 この統計で解るように2010年〜2015年の5年間で37万戸の農家が廃業です、2015年の統計から2021年の現在の推定ではさらに40万戸の廃業が予測されます、この事は現在進行形で高齢化と同時に耕作放棄農地が拡大していると言う事実です。政府は自給拡大の為に各種政策を立てていますが、農家の高齢化、農地の耕作放棄は増え続けています、食料自給拡大どころか減少に歯止めがかかりません。
 そこで私の提案は全国の大都市や都道府県内都市の人口の農村部への移動です、同時に企業の進出、特に奨励する機関はデジタル化やテレワーク化可能な国や都道府県の政府機関を農村地区に移転する事の提案です。農村地区への移転世代は、農業・農村の環境・自然豊かな静かな生活を求める世代、園芸や作物に興味のある定年退職世代、テレワーク化業務可能な世代、子供の健康な環境を求める世代、大勢の子作りを希望する若者夫婦、己の求める自由な働き方を求める若年層世代等多くの世代が居るはずです。
 そこで各種企業、新たな起業、行政機関の進出ですが、農家戸数の減少で耕作放棄農地が拡大しやがては耕作不可能地となる、この土地が農村には増大していると言うことで都市人口が農村地へ移動すれば労働力が発生し企業の進出も可能となる、企業建設用地は都会の周辺より格段に安価、企業が先か人口移転が先かは問えませんが、政府機関が同時に移転すれば必ず企業も人口も続きます。
 政府機関は書類や通信機器を等で数字を並べる仕事であり現在は東京や都道府県の県庁所在地でなければ出来ない事はありません、この政府機関が農村地区に移転すれば企業も人口も続きます。企業はサプライチェーンが有望です、大企業の進出は経済的に見て現存のままで、海外特に中国に依存した部品メーカー等が最適です、都会で受ける報酬と同額であればサラリマンにとっては2倍の暮らしができる、企業も労働賃金を都会並みに支払えば良い、中国からの輸送費や賃金の高騰、そして何よりも危険な他国でのサプライチェーンが国内に変わることの安定安全が期待できる。村さん-CA

榎原:村松さん、皆さん 私も日本復活のためにも、是非地方が元気になって欲しいと願っています。そして、農業のプロから目線での村松さんの投稿は、この地方再生へのヒントが満載ですが、農業の素人である私は、違った観点から地方再生について述べてみたいと思います。
私は昔日本一の桃の産地と言われていた山梨の農村地帯で育ちました。父は地元でもわりと大きな桃栽培をしていましたが、不幸にも私を含めた3人の男の子は父の後を継ぎませんでした。そんな事情もあり、父は後年所有の桃畑の3分の2を近所の若者に無料で貸して、残りの3分の1を自分が出来る範囲で桃栽培を続けていました。今は最近定年退職した実家の敷地内に住む次男が桃栽培をしています。そして、農業の楽しさを覚えたのか、弟夫婦は桃栽培だけでは面白くないのか、ほぼ自給自足が出来る規模の野菜作りも始めています。この弟夫婦の話を聞いていると、私には彼らは理想的な老後の生活をおくっている様感じられ手仕方がありません。生産者としての楽しさ、年金族の安定した収入、四方の風光明媚な風景に接しながらの毎日等、のんびりと生きがいを感じて生活している雰囲気が伝わってきます。一方、昔から桃栽培をしてきた桃栽培専業農家の中には、ここ数年の病気による収穫量の減少でぎりぎりの生活をおくっている農家もあります。そして、良くないのは、不安定な収入の桃栽培専業生産者が、収入の安定した年金族の農業の素人に技術指導をしている関係です。いくら幼友達の関係とはいえ、感情的に良い関係とは言えません。やはり、日本政府は専業農家に対して、最低限の収入保証を与えるべきだと思います。そして、この農家の不安定な収入は、自分の子供には後を継がせたくない気持ちにさせてしまう、すなわち後継者不足の原因ともなってしまいます。
次に、地方再生のために(都会から地方への移住者を増やす)、改善しなければならない問題点も地方には存在していて、実家の周辺を例に取りこの問題点を述べてみます。私の実家周辺には、首都圏で働く若夫婦が県外から移り住んで来た小さなベットタウンでもあります。勿論、私が小さい頃は、住人は全てが昔から住んでいる知り合いばかりでしたが、約20年前からこのベットタウン化が始まりました。そして、ベットタウン化が始まり20年経ちましたが、地元住人と県外からの移住者の交流は殆どありません。当初はそれなりに交流はあった様ですが、その交流も時間と共に自然消滅してしまったようです。色々幼友達から話を聞いてみると、この交流が途絶えた原因の一つに、田舎の善良な住民の「おもてなし精神」があるようです。田舎の住人はとにかく善良な人が多くて、他所から来た人をお客さん扱いする傾向があります。このお客さん扱いは数日なら喜ばれるが、長期間続くともてなす方ももてなされる方も疲れてしまう。そして、両者の関係が時間と共に疎遠になって行く。
ちょっと話はズレますが、山梨には約2千人のブラジル日系人が住んでいます。そして、ブラジル日系人の子弟に日本語を教えたりする幼なじみの元教師や仕事上ブラジル日系人と付き合いのある地元の司法書士から、ブラジル日系人との接し方が今一難しくてどうしたら良いかとの相談を受けることがあります。その相談を受けたときには、3つのアドバイスをすることにしています。先ず、彼らをお客さん扱い(特別扱い)をしないこと。次に、日本人の顔をしているが、考え方や価値観は日本人とは違うことを頭に入れること。そして3つ目として、殆どが工場での単純労働者だが、実は色々な意味で彼らは優秀であることを認識すること。こういう相談からも、田舎に住む人の「おもてなし精神」が外部者との良好な関係を邪魔していることがうかがえます。
又話を元に戻すと、昔から外部者が住んでいなかった地方での生活で外部者が困惑するのに、地元の冠婚葬祭等のしきたりというか習慣があります。私の友人に田舎の若者のリーダー的存在で若い頃消防団の団長をしていた友人がいます。彼が昔しみじみとこぼした愚痴というか悩みを今も鮮明に覚えています。彼の悩みは、息子を大学に行かせたときに、果たして4年間仕送りを続けることが出来るかどうかの悩みでした。どうも、田舎でまとめ役なんかをしていると、冠婚葬祭にお金がかかりすぎるらしいです。面識の無いお年寄りが亡くなってもちょっとした関係があれば、香典を包むことになる。普通に考えれば、冠婚葬祭での出費で子供が希望する大学進学を諦めるというのは、どう考えても理不尽なこと。冠婚葬祭は社会生活では大事なこと、しかし、冠婚葬祭で大事なのは気持ち、なのに金銭的に大袈裟すぎるのも首をかしげたくもなります。こういう点も地方再生のためには、改善する必要があります。
そんなわけで、地方再生には国民の意識改革というか、精神的な準備も必要になってくるとつくづく感じます。そして、困ってしまうのは、この種問題解決への絶対に正しい答えがないこと。よって、改善する意識と経験が大事になってくる。人間関係は日本人同士でも難しい、ましては日本の労働力不足解決に外国人労働者を導入などは上手くいくはずがありません。

五味:≪花咲爺の会の活動の様子を映像で≫ 花咲爺の会・和田好司・50年MLの皆様へ
「花咲爺の会」の井川会長から年末の報告がありましたので、活動の様子を映像で報告させて頂きます。5月21日に稲見さんと五味で、東京都農林総合研究センターに越前市の教会への(写真A越前用)イペー発送とブラジルSolidário横浜の地植えイペーの現状確認に行きました。
5月27日にブラジルSolidário横浜の正会員に2021年度会費を納入してなり総会にZoomで出席しました。
趣意書のポルトガル語訳を和田夫人に作って貰い、総会(写真B)で「花咲爺の会」の紹介をプレゼンテーション
しました。
6月19日に稲見さんと五味で、横浜の象の鼻公園でサンバリハーサル(写真C)にコロナ渦に参加して、斎藤理事長を紹介(写真D)して打合せをしました。
7月19日ブラジル日本移民113周年のシンポジウム(写真E)とサンバカーニバル(写真F・G)に参加しました。
 10月14日にブラジル・ソリダリオ横浜顧問の小林正博氏と都農林総合研究センター(写真H)に行き、イペー苗木8株のイペーをトラックに積み、小林氏自宅に1本地植(写真I)しました。
 以上が映像での活動報告ですが、遅れて申し訳ありませんでした。 五味茂より

稲見:和田さん50年の皆様 花咲爺を微力ながらお手伝いしている稲見です。井川会長、五味さんから報告があったので私もと、、、今はハワイに移動し Youtuberとしてハワイの魅力を発信しています。今後は日本とハワイ往復の生活になります。
皆様、コロナ心配ですよね?私は用心しながら行動して、あまり心配しません。
なったらなった、それよりも経済を優先する行動を心がけてます。日本ではコロナ死者より自殺者が多いのは深刻です。
日本はコロナに関して臆病になり過ぎ、ここハワイには日本人以外世界中から観光客が訪れてます。
コロナ イコール死ではありません。コロナは治る感染病です私の息子もコロナになりました。
五味さんもハワイに遊びに来る予定です。
最後に YoutubeのPR、良かったら
チャンネル登録お願いします。
https://youtu.be/rI6BapqU4eM
https://youtu.be/vj_7_ngVMwU
https://youtu.be/RbHj5FUQRjo

和田: 稲見さん 優雅な生活ですね。千葉とハワイを行ったり来たりですか? 数少ない帰国組の成功者ですね。ハワイをPRする動画を撮ってPRですか?
見せて貰いましたが上手に撮っていますね。少し足を延ばしてブラジルも仕事と趣味の範囲に入れるようにして下さい。ハワイ経由で日本とブラジルを股にかけて仕事をするとおもしろいですよ。検討して見て下さい。お元気で。。。井川さん、五味さんを手伝って上げて下さい。良いお年を。。。

ブラジル日報速報版より 《米国務省》ブラジル在住者を制裁対象に=アルカイダ支援の疑いで イスラム教のテロ組織「アルカイダ」とつながっていることが判明した伯国在住者3人を、米国政府が制裁対象に加えたことを明らかにした。22、23日付現地紙、サイトが報じている。 在ブラジル米国大使館が22日に行った報告によると、エジプトからの帰化ブラジル人のハイサム・アフマド・シュクリ・アフマド・アルマグラビ氏(35)、エジプトとシリアに国籍を持つモハメド・シェリフ・モハメド・アワド氏(48)、エジプトとレバノンの二重国籍者のアフマド・アルカティブ氏(52)は、2001年の9・11事件で同時多発テロを行ったアルカイダの支援者で、米国に持つ口座や現金凍結などの制裁対象とされる。
 また、大サンパウロ都市圏グアルーリョスにあり、アワド、アルカティブの両氏が経営する企業二つも制裁対象となる。
 この三人は、アルカイダに資産やサービスを提供しただけでなく、資金面や技術面でも協力していた疑いが持たれている。 米国国務省の調べによると、アルマグラビ氏は2015年からブラジルに住んでおり、ブラジル国内にある組織に所属するアルカイダ関係者から外貨を購入したりしていたという。
 また、1998年に起こり、200人以上の犠牲者を出したタンザニアでの米国大使館襲撃事件に関与したアフメド・モハメド・ハメド・アリ氏(2010年死亡)との関わりも指摘されている。
 アワド氏は2018年にブラジルに着き、ブラジル国内にある他のアルカイダ関連組織からの口座送金を受け取っていた上、偽札作成に関与した疑いもあるという。
 アルカティブ氏は32年間、ブラジルで暮らしており、シリア難民を迎える非政府団体の会長を務めているが、2016年のリオ五輪の際、テロ行為を行う危険性があるとして捜査対象になっていた。
 アワド、アルカティブの両氏は、2019年に米国がテロリストに認定したアルカイダのモハメド・アフメド・エルサエド・アフメド・イブラヒム氏に資金や物資、技術面での支援を行っていた疑いが持たれている。



《米国務省》ブラジル在住者を制裁対象に=アルカイダ支援の疑いで
 ブラジル日報速報版より

 イスラム教のテロ組織「アルカイダ」とつながっていることが判明した伯国在住者3人を、米国政府が制裁対象に加えたことを明らかにした。22、23日付現地紙、サイトが報じている。

 在ブラジル米国大使館が22日に行った報告によると、エジプトからの帰化ブラジル人のハイサム・アフマド・シュクリ・アフマド・アルマグラビ氏(35)、エジプトとシリアに国籍を持つモハメド・シェリフ・モハメド・アワド氏(48)、エジプトとレバノンの二重国籍者のアフマド・アルカティブ氏(52)は、2001年の9・11事件で同時多発テロを行ったアルカイダの支援者で、米国に持つ口座や現金凍結などの制裁対象とされる。
 また、大サンパウロ都市圏グアルーリョスにあり、アワド、アルカティブの両氏が経営する企業二つも制裁対象となる。
 この三人は、アルカイダに資産やサービスを提供しただけでなく、資金面や技術面でも協力していた疑いが持たれている。

 米国国務省の調べによると、アルマグラビ氏は2015年からブラジルに住んでおり、ブラジル国内にある組織に所属するアルカイダ関係者から外貨を購入したりしていたという。
 また、1998年に起こり、200人以上の犠牲者を出したタンザニアでの米国大使館襲撃事件に関与したアフメド・モハメド・ハメド・アリ氏(2010年死亡)との関わりも指摘されている。
 アワド氏は2018年にブラジルに着き、ブラジル国内にある他のアルカイダ関連組織からの口座送金を受け取っていた上、偽札作成に関与した疑いもあるという。
 アルカティブ氏は32年間、ブラジルで暮らしており、シリア難民を迎える非政府団体の会長を務めているが、2016年のリオ五輪の際、テロ行為を行う危険性があるとして捜査対象になっていた。
 アワド、アルカティブの両氏は、2019年に米国がテロリストに認定したアルカイダのモハメド・アフメド・エルサエド・アフメド・イブラヒム氏に資金や物資、技術面での支援を行っていた疑いが持たれている。

第43回 バーチャル座談会 『新春放談、行く年来る年2021-2022』 その8

私たちの40年!! あるぜんちな丸同船者寄稿集 (nikkeybrasil.com.br)

年の瀬が迫り、明日には、日本での暮れの名物紅白歌合戦が朝から始まり正午の除夜の鐘が始まります。バーチャル座談会、新春放談も40年!!寄稿集が始まって以来ですのでもう19年、19回目になるのですかね。時間があると毎年の出来事をこの新春放談を紐解いて見ると面白いかも知れませんね。まだ1週間ありますので年始の挨拶と相前後するお便りを時空を超えて追って見たいと思います。10回は超えそうですね。皆さんのお便りと写真をお待ちします。写真と云えば今年最後の1枚を選ぶのに苦労しましたが適当な写真が無いので公園を散歩中にとって貰った変わった木の写真を使うことにしました。選択者特権ですが、マスクで顔が見えないのが残念ですね。良きお年をお迎え下さい。


000000 1 a 1 ikutosi kurutosi HPyou sono8

杉井:松栄さん 一部の反対勢力を抹消することが大勢の国民を守ることになり、これが中国式民主主義だと中国政府は言っていますが、要するに中国では共産党独裁専制主義を民主主義と称するのでしょう。習近平は自分の神格化には宗教が邪魔になるので、チベットでは仏教を弾圧しウィグルではイスラム教を弾圧し、最近はクリスマスを禁止しました。キリスト教まで弾圧すると欧米諸国との対立が益々激しくなると思われます。中国から招聘されても拘束される不安があるので中国へは行かないという日本の学者が大勢います。

松栄:みなさん 黄昏るのは嫌ですね。新形コロナがようやく終わりそうだ、と思えた11月ごろ又厄介な オミクロンさんと命名された新・新型感冒が現れ、コロナとバイバイと少し浮かれた気持ちを、一気にひりはらってしまった感じがしています。
ブラジルに住んでいたせいか、この新・新型感冒に対しては少しの余裕はあったつもりなのですが、世界中の感染が爆発し始めたようで、また元の木阿弥、みたいな感覚が蘇って来ました。
この2年の隠遁生活で、先輩方がことのほか他界された様で、真剣に相談できる方々がおられなくなって、幸いにこのネット
メールのお陰で、文章で、若造のそんな悩みを聞いていただいているような最近です。
和田さん、丸木さん、村松さん、吉田さん、宮岡さん、東海林さん日本在住の先輩方、・・・アマゾンで頑張られているみなさん、・・・
みなさん・・・まことにありがとうございます。
皆様より凡そ一回り若いと思っている自分ですが、皆様の楽しいお話を聞かせて頂き、心和んでいます。そしてもうひと頑張り、と言う感覚をなんとか維持しよう、ともがいています。
一週間ほど前、先日亡くなられた瀬戸内さんとコンビだった横尾さんの老いに対する文章 を見つけて、保存していました。
夕べは何故か寝られず、過去のことや、もう一度会いたい方たちのことが瞼に出てきて、寝られなくなったので、人生訓 となずけたフォルダーを開けて、その文章を2回ほど読んだら、何とか眠れました。
そんなことが、ここ1か月の連続で、ちょっと滅入っています。何とか、切り抜けなば、と思いながら・・・
明日か明後日、またサン・セバスチャンの農場に出かけます。そろそろ、仕舞支度にかからねば、と思いながら、久しぶりに
農場に行きます。 サンパウロ   マツエ

丸木で~す 当地オンタリオ州では昨日の新感染者数が一万人を超えました。絶対数では他国に較べ少ない様にも見えますが、人口の少ないカナダでは重大な事態です。特に隣に世界最悪のニューヨーク州があり、国境閉鎖が解除されてから急激に感染者が増えてるのが不気味です。遂に州知事が何もかもキャンセル指令したので、トロントの街はゴーストタウンになってます。スーパーなんかもキャッシャーの数しか入れないので、雪の中に長い行列ですからブラジルなんか天国ですね

古谷:榎原さん 日本が、近代国家に脱皮したと言われた明治維新を支えた政治思想の基本は、明治天皇が唱えられた済生勅語
だったと思います。これが、明治時代、日本が政府主導で近代国家に脱皮して行くに連れ、官尊民卑という思想が生まれたものと思います。旧八幡製鉄所がその一例です。 
既に、明治時代の半ばに多くの識者が「官尊民卑」思想を批判していますが、令和の今日に至っても、猶中央官庁(省)の役職人事に「東大(法)卒」が幅を利かせています。官庁で一番勢力を誇る財務省の国家総合職試験には、東大(法)でも特に成績の良い学生が受験すると言われています。私など凡才・鈍才には、別世界のハナシで良くわかりませんが、彼ら秀才は、平素の教授の講義だけでは飽き足らず、数名の学生がグループで、自主勉強していると言われています。彼等が、卒業後、財務省の中枢に居座り、国家予算の配分で、他省の強烈な予算要求など、歯牙にもかけぬ程辣腕を振りますが、その裏には、彼ら自身も各省の予算消化状況を具に調べ良く勉強している背景があります。
唯、日本の国家予算には、歳入の部で慢性的に公債費(建設費を含む)が四割を占めており、極めて不健全でありますが、貧富格差の現状では止むを得ぬ措置だと思います。対GDP比でも、二百%を超えており、先進国の中で飛びぬけて悪い状態です。
然しながら、「貧しくて、子供を産めない」状況も、ヒトツは歪んだ(?)税制にあるのではないかと思っています。下記の税率表をご覧ください。 www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/b02.htm">https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/b02.htm
租税に就いては、私は弩シロートで良く分かりませんが、別信で述べました「年層別人口比率」の「若年層の比率の低さ」は日本の将来の国運を占う意味で「危険信号」です。「貧しくても、子供は生める」社会環境の整備には、税制の改善がその条件の一つではないかと思っています。日本が置かれた現下の財政状態に在っても、税制に就いては、猶一工夫も二工夫も研究する要が有ると愚考しています。
返信をお送りするのが、遅れて申し訳ありませんでした。コロナ禍の所為でヒマな筈なのに、年末は何故か雑用が多いのでしょうか。
ご家族お揃いで佳き新年をお迎え下さい。本年も、格別のご厚誼を賜りました。厚く御礼を申し上げます。来年も宜しくお付き合いの程を願い上げます。

榎原:古谷さん、皆さん こんにちは。 同感です。選挙で国民に選ばれていない官僚が、選挙で選ばれた国会議員よりも実質的に権限を持っている気がします。特に、予算分配の権限を行使する財務省が、省益優先と権力欲をもって政治家や他省と対峙する意識があり始末が悪いですね。更に、良くないのは、47都道府県知事の7割が元官僚という現実です。それも、県外出身の知事さんも増えています。この知事さんに元官僚が多い理由は、地方自治体の財政が苦しく国の補助金に頼らざるを得ない、どうしても財務省との予算折衝に慣れている元官僚が適任ということのようです。従って、結果的に、地方が敵国の工作に狙われ易いということにもなります。私の母県の知事さんも、元官僚の県外出身者です。就任早々、中国詣でをして、その後は風光明媚な山岳地帯の至る所に太陽光パネルを設置しています。
ということで、今年最後になるであろう投稿も、愚痴だらけの投稿になってしまいました。末筆となりましたが、本年は御世話になりました。又、来年も宜しくお願いします。

古谷:皆さん 拙文東京裁判私観 和田氏のご了解の下、久し振りに「W50年会」に復帰しました。その間、投稿数が非常に増えているのに、驚きました。
14年前の2007年に掲題の「拙文東京裁判私観」を投稿した際、数名の方々より、「読後感」を頂戴しました。今は亡き赤嶺さん、麻生さんにもお書き戴きましたので、貴重な記録になっています。
斯く申せば、老いを知らぬ丸木さんよりお叱りを受けそうですが、日々柄の悪い駄犬の散歩に苦労していて、体力の低下を嘆いており、上述の拙文を読み返して、数日に亘り「半徹夜」で書き上げた体力を懐かしんでおります。
本日、敢えて愚作を取り上げましたのは、本文の「拙文私観」よりも、「読後感」の方が読んでいて面白いので、ご紹介する次第です。本文共々下記の四番に亘ります。ご通読願えれば幸いです。
(私たちの40年!! あるぜんちな丸同船者寄稿集)登録番号  946-947-949-953

和田: 古谷さん もう14年も前の書き込みが残っているのですか?歴史ですね。現在のメーリングリストのメンバーの皆さんは、全てのベースになっている私たちの40年!!寄稿集を開けて19年の歴史を振り返ってみる習慣はないようです。あるぜんちな丸第12次航の681人の同船者の共有の財産としての40年!!寄稿集は、本当に宝の山ですね。古谷さんの書き込み東京裁判私感とメンバーの皆さんの真剣味溢れるコメントがそのまま全文残っているのは、貴重ですね。現在開催中の新春放談第43回バーチャル座談会も新春放談は、2003年1月から始まり今年で19年目に当たります。2002年12月21日の第3回バーチャル座談会から数えると40回(19年)が記録されています。メンバーの皆さんが書き込まれたコメントを年を追って訪ねて見るのも面白いですね。もう少し40年!!寄稿集を訪ねて見られることをお勧めします。忘れてしまっているその年の出来事、記録がそのまま残っているかも知れませんよ。今年の出来事もコメントとして残して置きましょう。

吉田:マツエさん 年末の海岸はどうですか?暑いですか?
こちらは昨日は大風が吹いたり、あられ混じりの豪雨でした。道端にジャッカがありました。

丸木で~す 大阪出身の中平さんは五木ひろしや八代亜紀と同期の歌手。その年にトップでオーディションに合格された褒美でヨーロッパ旅行されてます。ところが、デビュー早々に事故で舞台から転落し、身体障害者となってからは表舞台から去られました。それ以来は毎年、日本各地やブラジルとパラグアイの日系老人ホームはじめ各種日系福祉施設を慰問公演されてます。
https://youtu.be/K7fbOYLW86s

川辺:丸木さん、中平まり子さんの2021年クリスマス動画、ありがとうございました。
彼女って歌に心がありますね。 連れ合いとして一生過ごしたい気分です。僕は母親がまり子、孫がまり子、まり子は心の名前です。
丸木さん、貴方のマスターズでの成功は万人の心を満たします。頑張れ!頑張れ! 丸木!!!
元早稲田大学応援団吹奏楽団  トロント歌声喫茶の会のマエストロからのメールです。(丸木)

ふみ:本当に心に響く歌声ですね。好きです。この声の質。。メゾソプラノとアルトの中間?’心に優しく響くいい声ね。

丸木で~す  パンデミックが終われば、中平さんが南米慰問再開されるでしょうから途中でトロントに寄ってもらいモミジかどこかで慰問公演実現しましょうか。サンパウロの懐メロ合唱の集い世話人の五十嵐さんは、トロント歌声喫茶の会十周年記念の集いに参加してくれました。

白藤:丸木さん 中平さんに、南米訪問時トロントに立ち寄ってもらう、というのは素晴らしいアイディアです。大賛成です。
是非実現すべく、中平さんに働きかけてください。私もできる協力をさせてください

丸木で~す JSSに主催していただければ働き掛けます。そして、モミジだけでなく小林ホールでも身体障害者や後期高齢者に中平さんの公演を聴いていただければ幸甚の至です。

英子:丸木 さん クリスマスをいかがお過ごしでしたか? 私たちは人生でもっとも静かなクリスマスでした。
お客様もないので、クリスマス用の買い物にも行かず、クリスマスプレゼントは靴下の中のクッキーやチョコ、果物だけ!
こういったクリスマスもいいなあ~と(主婦は通常やはり忙しい!)。
教会にも行かないし、誰にも会わず、二人で薪ストーブの暖かさと日本酒を楽しみながら、読書三昧の時間を過ごしました。
さて、中平まり子さんの動画、本当に素晴らしかったです! テレビで活躍する同年齢の歌手よりもず~と素敵だ、と感じましたよ。歌声、情感、そして語り掛ける口調、すっかりフアンになりました~!
一線から引いたとはいえ、こういった歌手こそ、NHK紅白に出てもよい実力者と思います。
オリンピック、パラリンピックといったように、運動の世界ではいろんな障害があっても一線で活躍できます。歌の世界には全く見られませんね・・・。どうしてもビジネス(音楽会社の思惑)のみが全面にでてしまうことを改めて感じています。
私も自分の道を模索していきたいと、まり子さんに勇気をいただきました。丸木さん、ありがとうね!
貴方と奥様にとって、2022年がお健やかで幸せな日々となりますようにお祈りしています。

丸木で~す 医学部教授を定年退職されてから、プロ歌手として再出発される貴女も凄いと思ってたので、他にも、この様な隠れた歌手が居ることをお知らせした次第です。事故がなければ、紅白で脚光をあびる歌手になれたでしょうが、故国を二度と見ることのない年老いた同胞を訪ね、労いの言葉を懐かしい日本の歌で伝えておられる中平さんも幸せで立派な歌手と思います。

丸木で~す  トロント紅白仲間が医学部教授を定年退職されプロ歌手としてデビューされてます。
www.uta-net.com/movie/268048/">https://www.uta-net.com/movie/268048/

山下: ≪グラフで見るブラジル経済≫ 和田様 これが本年最後のレポートになりそうです。良いお年をお迎えください。
コロナの金融緩和は、猛烈な引き締めのみで通貨インフレを抑えつつあるようですが、この大変化の時代に、ブラジルの将来のために大型予算も使わず引き締めの一途では、次の政権?が無駄使いをする準備をしていることにならないかと複雑な気持ちです。
#グラフで見るブラジル経済
11月の支払い手段M1は0.44%増、過去12か月は1.16%減と4月からの猛烈な引締めでコロナ緩和分を取り戻した。ブラジルは今もフリードマン教授の通貨量インフレ原因説が通用する国。11月のインフレ(IGP-DI)はデフレ0.58%、過去12か月累積17.17%
#グラフで見るブラジル経済
11月の対外債務残高は6636億ドル。政府対外債務(青色)、企業間対外債務(茶色)、外国人買いの国庫証券(灰色)の残高はこの8年間ほとんど変化しておらず、コロナ対応で対外債務が急増することもなかった。
#グラフで見るブラジル経済
経常収支11月は65.2億ドルの赤字。1~11月は223.8億ドルの赤字。2021は8月より赤字直進。
#グラフで見るブラジル経済
11月の国内為替取り組み(契約)貿易為替(青色)は71.7億ドルの赤字、ファイナンス為替残(赤色)は37.8億ドルの黒字で差引き34億ドルの流出。過去からの累積で現在150億ドルの流出。
#グラフで見るブラジル経済
11月の外貨直接投資42.7億ドル、過去12か月累計407億ドル。
この過去の記録は2011年11月の775億ドル。
#グラフで見るブラジル経済
11月の外貨準備高3678億ドル。過去の記録は2019年6月の3881億ドル。
#グラフで見るブラジル経済
「FGV発表 11月インフレ(IGP-DI)はデフレ0.58%」過去12か月累積17.17%
この指数は公式賃貸料修正に使用される。
2019末 7.68%
2020末 23.07%
2021 11月末17.17%
12月をゼロインフレに収めても本年は16.3%と二桁で終えることになる。
#グラフで見るブラジル経済
ブラジルMDIC発表の11月の貿易収支、13億ドルの赤字。
11月輸出203億ドル、輸入216億ドル。
1-11月の貿易収支計571億ドルの黒字。
過去12か月は11月まで598億ドルの黒字。前年同期比12.1%増。
なお過去の記録は2017-10月の676億2600万ドル。

和田:山下さん ≪グラフで見るブラジル経済≫ これが今年最後になりますか? 肝心のグラフが表示されませんか、一応文章だけをバーチャル座談会に残して置きます。
コロナ情報、経済情報と詳細を知らせて呉れてご苦労様。来る年も無理をせずに情報を流して下さい。またどこかでお会いしましょう。良いお年を。。。

古谷:山下さん 貴送付の「国別の罹災者数・死者数・比率」の一覧表を拝読しました。
NHKの報道通り、死因が「コロナ疫とは限らぬ」点がありますが、時期的にコロナ疫が死因と仮定しても、疑問を感じる点があります。
山下さんにお伺いするのは、筋違いと思いますが、若しご存じなら、下記疑問点のご解説をお願いします。
1)総じて、欧・米・加・豪の死亡率が低いのは理解出来ますが、その範疇に入らないインド・トルコの死亡率が低いのは何故か?
2)香港とヴェネズエラ・イランは、地域の騒乱状態で、十分な調査が行われたのか?

富田: 和田さん&W50年の皆さん、お元気ですか? あっと言う間にXmasが過ぎ、週末は令和4年元旦と相成りまする。本年中はバカバカしい小話でお目を汚してご迷惑をお掛けしましたが、バカバカしいのを喜んで下さる、ユーモア精神に富んだお方も多数いらっしゃいます。感謝、感謝です。
 さて、今週は一笑一若・アメリカ小話「芳紀まさに16才!」をお届けします。
別名Sweet16という若きレイディの16才の誕生日の模様をごらんください。
では、年の暮れでお忙しいでしょうが、ご用とお急ぎでないお方は、下記のブログをお訪ねのうえ、一笑一若・アメリカ小話「芳紀まさに16才!」をE N J O Y !!!
https://iron3919.livedoor.blog/archives/12651429.html
なお、今年のアメリカ便りと一笑一若小話のアクセスNo.1のURLを下記に貼り付けておきます。お暇なときにお読み頂ければ幸いです。皆さま、良いお年をお迎えください。
2021年度 アメリカ便りアクセスNo.1「この子は誰の子ですか?」 米国の夫婦別姓制度 
https://iron3919.livedoor.blog/archives/11879643.html
2021年度 一笑一若・小話アクセスNo.1 メキシコ小話「そのまま、そのまま…」
https://iron3919.livedoor.blog/archives/9879753.html
富田眞三 Shinzo Tomita
芳紀まさに16才!
【蛇足的まえがき】 アメリカでは可愛い娘の芳紀16才の誕生日に両親が親戚、友人たちを招いて盛大なパーティーで娘の幸せを祝う習慣がある。このお祝いを一般的にスイート16才(sweet 16)と呼ぶが、成人式(coming-of-age ceremony)を意味する。アメリカの成人式は、かつて上流社会のお嬢さまがたの社交界デビューの晴れ舞台だった伝統を引き継いで、主役のお嬢さまをエスコートする若者たちも招待される。と言うわけで、下記の小話も独身のハンサムで礼儀正しい若者たちが招待されている。では、パーティーをのぞいて見ましょうか?
(テキサス無宿記)
 一笑一若・アメリカ小話「芳紀まさに16才!」
 米海軍の巡洋艦が乗組員の1週間の休暇のためミシシッピー河口の港に入港した。休暇初日、艦長は思いがけず、ニューオーリンズの富裕な大農園主の奥様から下記のような招待状を受け取った。
「親愛なる艦長殿、木曜日の夜、娘メリンダの成人式パーティーをとり行います。
そこで艦長殿にお願いがあります。当夜、4名の礼儀正しく、ハンサムな士官をパーティーにご招待したいと思います。午後8時にお待ちしております。
当夜、招待客は可愛らしい若いレイディーたちと南部特有の優雅な会話とダンスで楽しい一夜を過ごして、厳しい訓練のお疲れを癒していただければと思っております。最後にもう一つお願いがあります。メキシカンは送らないでください。私どもはメキシカンを好みません。では、よろしくお願いいたします」。
 木曜の夜8時、玄関のドアがノックされた。奥様がドアを開けると、海軍士官の制服をきちっと着用した、4名の端麗な顔立ちの黒人士官がにこやかに挨拶した。
 奥様はびっくり仰天して、どもりながら「こ、これは何かの間違いですわ」と言った。
「いいえ、マダム」と士官の一人は「我々の上官である、ガルシア艦長が間違うはずはありません」と礼儀正しく返答した。
お後がよろしいようで……。

和田:富田さん 一笑一若、週一の割合で今年も面白い話を披露頂きご苦労様でした。今年最後の一篇をバーチャル座談会に残して置くことにしました。好きな時に好きな事を投稿する場所があると云うことも便利なものですね。年末年始の皆さんの書き込みを残して置く作業は、結構大変ですが、これも好きでやっている事ですのでご心配なく。。。来る年も宜しくお願いします。今年の日本の暮れは、大雪で大変なようですね。ブラジルは反対で正月は、ポルトアレグレでも40度に達する可能性があるとか。。。暑くて大変です。ではまた。。。

相川知子:主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情  ブエノスアイレスの相川知子さんからのお便りです。
アルゼンチン第三波到来12月28日の発表では過去7か月最多患者数33902人
 先週クリスマスに過去5か月で最多患者数13456人を記録し、病床占有率35%のため、今後増加すると医療システムに影響のため必要ならイベント参加人数制限の見通しと言われ、一週間もたたずに12月28日の発表では患者数33902人、死者20人となりました。なお、12月27日から本格的に第三波に入ったと言われ、この日の患者は20.263人でしたので、一日で、先週の24日の患者数増加となります。
これは過去6か月ほどの6月2日の35.017人に次ぐ数です。また特筆すべきはブエノスアイレス市とコルドバ市で2020年3月3日以来の新型コロナウイルス禍、過去最多水準の感染者数となりました。結果、累計患者数は5.514.207人に、死者は117.085人に。また回復した人を除いた疾患者数は 119.612人となります。以下が23州+首都ブエノスアイレスCiudad de Buenos Aires別の患者数です。Buenos Aires はブエノスアイレス州をさします。
Buenos Aires 11.695
Ciudad de Buenos Aires 6084
Catamarca 344
Chaco 350
Chubut 100
Corrientes 169
Cordoba 8520
Entre Rios 248
Formosa 59
Jujuy 114
La Pampa 178
La Rioja 36
Mendoza 438
Misiones 112
Neuquen 393
Rio Negro 461
Salta 474
San Juan 138
San Luis 312
Santa Cruz 271
Santa Fe 2048
Santiago del Estero 176
Tierra del Fuego 38
Tucuman 1144
 現在、ブエノスアイレス州をはじめ各州の自治によりますが、PASE SANITARIOという衛生パスを設けてワクチン接種の有無で活動を制限する方向にありますが、これはワクチン接種を拒否または好まない人達の権利を脅かすものとして反対の声もあがっていますし、政府による経済活動の統制の始まりとして反対の声もあります。しかし、現実には集中治療室入りの86,2%がワクチン未接種の患者です。アルゼンチン当局は今回は患者数の増加はありながら重病化、または死亡が抑えられているのはやはりワクチン接種によるものだとしています。また三回目の接種もすでに開始されています。
 折しもアルゼンチンは12月中旬からすべてのレベルでの学校活動は夏季休暇に入り、これが2月末から3月初めまで続きます。サマースクールも今年は全面的に開催されていますが、近頃は濃厚接触者認定のため行動を制限されている集団もあり、クリスマスが終わりこれから新年を迎えさらなる家族や友人で集まる機会もあります。政府からは制限をするのなら今週に発表される予定と言われていますが、28日現在、アルベルトフェルナンデス大統領は第三波は心配な傾向であるが、行動制限は行わない、さらなるワクチン接種推進強化の方向に、と発表しています。
 アルゼンチンは12月初め、南米最大の観光博をラ・ルラル農牧展会場で開催二日で延べ90000人が入場したという大盛況の開催を2019年以来開催。写真;コリエンテス州のカーニバルパフォーマンスを見ようと密になる皆さん。。。
 筆者もブラジルのブラジルのオウムのピンを観光局の皆さんにいただきました。右の方はブラジル観光振興局長のカルロス・ブリト氏です。たいへん気さくな方でした。そのときの記事はこちらで、#FIT2021 開幕 ブラジルのスタンドが素敵 アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ | 地球の歩き方 http://disq.us/t/43eiqxv  
この人出の様子からして第三波を心配している様子は全く見られませんが。。。。 心配になってきましたね。。

和田: 相川知子さん 隣国アルゼンチンの様子を知らせて呉れて有難う。暫く帰国を訪問していませんが、お元気にアルゼンチン事情を報告されていますね。来る年も宜しくお願いします。早く安心して飛行機での旅ができるようになるとありがたいのですが。。。まだ元気な内に行きたい所が沢山あります。
日本、アルゼンチンにもまた行きたいのですが、何時になるやら???このコメントをバーチャル座談会に残して置きます。来る年もお元気に活躍して下さい。

丸木で~す トロントでも市役所前の大晦日カウントダウンも花火も中止されます。日本では紅白があるから年末気分になるでしょうが、欧米での新年はロックダウンの再来になりそうです。紅白予告番組を見ましたが、歌謡曲はほんの僅かで殆どが若さ溢れる元気な歌手の踊りと歌、見応えがありそうです。この様な新しいパフォーマンスを見るに耐えない者は既に過去の人だから、この世から去れと言うことですね。時代の流れには逆らえません、禁酒中ですので酒も飲まずに素面で年越しそば啜りながら愉しませてもらいまっさ。

和田: 丸木さん トロントの年の瀬も淋しそうですね。ポルトアレグレも淋しい暮れになりそうです。日本と時差が12時間あるので紅白歌合戦は、明日31日の朝8時からとなります。一応NHKを点けて見る事にします。正午に除夜の鐘を聞くことになりそうです。字数が1万語に近くなりましたのでこれでその8を閉め切りUPします。大雪の日本からのお便りは、無かったですね。丸木さんの書き込みに感謝しつつ。。。


 アルゼンチン第三波到来12月28日の発表では過去7か月最多患者数33902人 - 主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情  ブエノスアイレスの相川知子さんからのお便りです。


アルゼンチン第三波到来12月28日の発表では過去7か月最多患者数33902人

 先週クリスマスに過去5か月で最多患者数13456人を記録し、病床占有率35%のため、今後増加すると医療システムに影響のため必要ならイベント参加人数制限の見通しと言われ、一週間もたたずに12月28日の発表では患者数33902人、死者20人となりました。なお、12月27日から本格的に第三波に入ったと言われ、この日の患者は20.263人でしたので、一日で、先週の24日の患者数増加となります。

これは過去6か月ほどの6月2日の35.017人に次ぐ数です。また特筆すべきはブエノスアイレス市とコルドバ市で2020年3月3日以来の新型コロナウイルス禍、過去最多水準の感染者数となりました。結果、累計患者数は5.514.207人に、死者は117.085人に。また回復した人を除いた疾患者数は 119.612人となります。以下が23州+首都ブエノスアイレスCiudad de Buenos Aires別の患者数です。Buenos Aires はブエノスアイレス州をさします。
Buenos Aires 11.695
Ciudad de Buenos Aires 6084
Catamarca 344
Chaco 350
Chubut 100
Corrientes 169
Cordoba 8520
Entre Rios 248
Formosa 59
Jujuy 114
La Pampa 178
La Rioja 36
Mendoza 438
Misiones 112
Neuquen 393
Rio Negro 461
Salta 474
San Juan 138
San Luis 312
Santa Cruz 271
Santa Fe 2048
Santiago del Estero 176
Tierra del Fuego 38
Tucuman 1144

 現在、ブエノスアイレス州をはじめ各州の自治によりますが、PASE SANITARIOという衛生パスを設けてワクチン接種の有無で活動を制限する方向にありますが、これはワクチン接種を拒否または好まない人達の権利を脅かすものとして反対の声もあがっていますし、政府による経済活動の統制の始まりとして反対の声もあります。しかし、現実には集中治療室入りの86,2%がワクチン未接種の患者です。アルゼンチン当局は今回は患者数の増加はありながら重病化、または死亡が抑えられているのはやはりワクチン接種によるものだとしています。また三回目の接種もすでに開始されています。
 折しもアルゼンチンは12月中旬からすべてのレベルでの学校活動は夏季休暇に入り、これが2月末から3月初めまで続きます。サマースクールも今年は全面的に開催されていますが、近頃は濃厚接触者認定のため行動を制限されている集団もあり、クリスマスが終わりこれから新年を迎えさらなる家族や友人で集まる機会もあります。政府からは制限をするのなら今週に発表される予定と言われていますが、28日現在、アルベルトフェルナンデス大統領は第三波は心配な傾向であるが、行動制限は行わない、さらなるワクチン接種推進強化の方向に、と発表しています。

 アルゼンチンは12月初め、南米最大の観光博をラ・ルラル農牧展会場で開催二日で延べ90000人が入場したという大盛況の開催を2019年以来開催。
carnaval


(コリエンテス州のカーニバルパフォーマンスを見ようと密になる皆さん。。。)

 筆者もブラジルのブラジルのオウムのピンを観光局の皆さんにいただきました。右の方はブラジル観光振興局長のカルロス・ブリト氏です。たいへん気さくな方でした。 

WhatsApp Image 2021-12-05 at 23.25.34


そのときの記事はこちらで、#FIT2021 開幕 ブラジルのスタンドが素敵 アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ | 地球の歩き方 http://disq.us/t/43eiqxv  

この人出の様子からして第三波を心配している様子は全く見られませんが。。。。 心配になってきましたね。。

《ブラジル》幼年者への接種で公開協議=直前の会合は反対派のみ=恐怖心を抱き続ける子供達 ブラジル日報速報版より

000000 1 a 1 brasil nixtupou 20

公開協議について報じる22日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

 【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が5~11歳児向けの新型コロナのワクチン接種を認めてから1週間後の23日、子供へのワクチン接種で公開協議(Consulta Publica)開始と22、23日付現地紙、サイトが報じた。
 幼年者への新型コロナの予防接種問題はAnvisa関係者への脅迫で警察沙汰にもなっているが、子供への接種は国内の主要機関も推奨している。
 一例は、ケイロガ保健相が名指しした保健省の諮問機関、免疫化の技術諮問会(CTAI)だ。CTAIは以前から子供への接種に肯定的で、17日も全会一致で幼年者も国家予防接種計画に組み込む事を推奨した。
 オズワルド・クルス財団(Fiocruz)も21日、コロナワクチンの接種ペースが落ちており、遠隔地と子供への接種が集団免疫形成の鍵との研究結果を発表している。
 それによると、9月以降は初回接種を受ける人が減り、10月8日以降は0・8%/日しか増えていない。これは12歳以上の85%、人口の75%が初回接種を受けたためだが、集団免疫の形成には人口の85%が接種を受ける必要があるのに、接種完了者は66・71%のみだ。
 だが、オミクロン株出現後、2回(ヤンセン社製は1回)の接種だけでは感染抑制効果が低く、補強接種が必要との認識が浸透。保健省も免疫力が特に低い人への4度目の接種を認めた。

 だが、欧米諸国などは子供への接種を進めているのに、ボルソナロ大統領や支持者は子供への接種に反対し続けており、保健省は子供用ワクチンの手配さえしていない。
 保健省のマイラ・ピニェイロ局長(通称クロロキン隊長)は21日、「政治的、商業的な策略にのり、子供達をモルモットにするな」との文書を流し、大統領から賞賛された。
 公開協議は1月2日までで、保健省は4日の会議後、子供への接種を行うかを決める。Anvisaが使用を認めた薬剤での公開協議は初めてで、大統領の意向を汲んだ時間稼ぎとの声が出ている。
 この事は、公開協議開始前の20日に開かれた会議の参加者が早期治療用医薬品キットの推奨者や子供への接種反対派だけだった事でも明らかだ。
 リオ市では補強接種終了者に地下鉄の無料利用を認めるなど、各自治体が様々な接種促進策がとっているが、子供への接種は足踏み状態が続いている。

↑このページのトップヘ