≪町割り絵図の洞林寺と、宮城漂流民石碑≫ 鈴木さんからのお便りです。

和田さん、皆さん
鈴木信弥

一昨日訪れた、仙台青葉城址に飾られていた、江戸時代の仙台の町割り絵図を刻んだ石碑に、同林時が刻まれていました。(写真1枚目)みやげ物屋の更に奥、食べ物屋のある辺りです。

もう一枚の写真は、東松島市の高台にある、宮城の漂流民の石碑: 寛政5(1793)に漂流し、ロシア戦艦で世界一周して、日本人で初めてサンタ・カタリーナに上陸して帰国した方たちの軌跡を刻んだ、例のヤツです。
洞林寺には、足繁く通ってイペーの手入れをしている訳ではなく、用事で宮城を訪ねるついでに、見に行っているだけなのです。

イメージ 1

イメージ 2