私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

カテゴリ: ブラジルの話題

《ブラジル》ボルソナロが新持ち家政策発表=票田の治安部門公務員を優遇?  ニッケイ新聞WEB版より

13日のボルソナロ大統領(Wilson Dias)

 ボルソナロ大統領は13日、治安部門の公務員向けの持ち家政策「アビテ・セグーロ」を公表し、融資などで優遇することを盛り込んだ暫定令(MP)を出した。警察官や消防士、看守、市警備隊員などを対象とした優遇策は、大統領が治安部門の支持を強めるために出されたのではと見られている。13、14日付現地紙、サイトが報じている。
 大統領によると、「アビテ・セグーロ」は治安統一システム(SUSP)に登録されている治安関係者なら誰でも対象となり、定年退職者や予備役も対象に含まれるという。

 優遇される人には、「月給7千レアル以下」「自分の持ち家をまだ持っていない」「融資の対象となる家屋は資産価格30万レアル以下」などの条件がある。ただし、条件によってはこれ以上の月給の人も対象となりうるし、新築、中古、建設中の別を問わない。同プログラム利用者は、他の持ち家政策の恩恵も受けられる。
 連邦貯蓄銀行(CAIXA)はこのプログラムのために50億レアルを投入する意向で、必要ならば資金を増額するという。融資の責任者は法務省で、同行が扱う物件購入の場合は、購入額の100%までの資金調達が可能で、最初の支払いを減額したり免除したりする特典もある。頭金の補助は1万3千レアル、契約時の手数料への補助は2100レアルが上限となる。

 返済期限は35年で、返済金利は年3・35%+ポウパンサの金利など、通常の融資よりずっと優遇される。
 CAIXAによると、実施1年目の融資総額は1億レアルを目安としているという。この金額は、国家治安基金(FNSP)から拠出されるが、来年以降は議員割り当て金も使用される可能性がある。
 アビテ・セグーロの詳細は13日付連邦政府官報で発表された。暫定令は官報に掲載された日から有効となるが、120日以内に連邦議会の承認を受けなければならない。
 ボルソナロ氏はかねてから、軍人や警察などの治安関係者の社会保障や給与などに関して有利な計らいをしている。今回は、労働者党(PT)政権時代からの一般向けの持ち家政策の「ミーニャ・カーザ、ミーニャ・ヴィーダ」に代わる新政策「カーザ・・ヴェルデ・エ・アマレロ」が具体的に進捗を見ない中での暫定令発行で、一部の層の人のみを優遇することとなった。
 治安部門は、9月7日の独立記念日に反最高裁のデモが行われた際、ボルソナロ大統領を最も支持した層としても知られている。

《ブラジル》保健相「ワクチン不足は州のせい」=IFAの遅れには触れず=「経済回復に不可欠」の弁も ニッケイ新聞WEB版より

ケイロガ保健相(Walterson Rosa/MS)

 【既報関連】サンパウロ市などで起きたアストラゼネカ社(AZ)製ワクチンの在庫不足は、最低4州で2度目の接種停止やファイザー社製ワクチン代用という事態を招いた。ケイロガ保健相は13日も、これは「国の予防接種計画に従わない」州の責任とし、代用接種さえ批判したと13、14日付現地紙、サイトが報じた。
 サンパウロ市でのAZ製ワクチンの不足は10日から深刻化し、11日には同社製ワクチンを使った2度目の接種が停止。市当局がファイザー社製ワクチンの代用を決めたため、13日は代用接種希望者が列をなした。サンパウロ州では他市でも同社製ワクチンの不足が起きている。
 AZ製ワクチンが底を突き、接種停止や代用が起きたのはサンパウロ、リオ、ペルナンブコ、マラニョンの4州で、セアラー、エスピリトサント両州でも在庫不足が発生。リオ・グランデ・ド・スルやリオ・グランデ・ド・ノルテ、アクレでも在庫は僅かだ。

 保健相は当初、サンパウロ市が2度目の接種用ワクチンを初回接種に使ったと批判したが、サンパウロ市も州もこれに反論し、裁判に持ち込む姿勢を示した。
 デルタ株による感染拡大抑制の意味でも2度目の接種の遅れ回避をと考えたファイザー社製ワクチンの代用接種はリオ州でも行われたが、同相は13日、「バベルの塔」という表現でこの決断を批判。さらに「別のワクチン使用は(3度目かヤンセン社製ワクチン接種者への2度目の)補強接種用」「補強接種は70歳以上か免疫ができにくい人用だが、60歳以上から適用と言っている州がある」とも語った。

 だが、中国からの有効成分(IFA)不着で、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)が8月下旬にワクチン供給を止めた事やそれによる納品遅れへの釈明はなかった。同財団は10日にIFAを受け取り、14日にワクチンを納品し始めたが、保健省がいつ、どこに、どれだけの量を配布するかは未定だ。
 保健相は13日、薬局店主らの会合で、「予防接種や変異株感染監視、防疫対策、公衆衛生政策は経済回復に不可欠」とし、15日からはAZ社とファイザー社のワクチンの接種間隔を8週間に短縮する事も確認した。ただ、供給不足が再発すれば、接種加速計画もムダになる。
 なお、最高裁では14日、リカルド・レワンドウスキー判事が8月に出したサンパウロ州へのワクチン供給保証命令を支持する投票結果が出た。これにより、遅延していたファイザー社製ワクチン22万8千回分の供給が確保されるが、サンパウロ州政府は14日、同日中にAZ製ワクチン100万回分が届かなければ最高裁に訴える意向を再確認した。

★2021年9月11日《サンパウロ市》アストラゼネカ製ワクチン消える=40〜50代の2回目接種に影響
★2021年9月11日《ブラジル》新規感染の63%がデルタ株に増大=今後数週間で拡大の中心か=懸念される次の波とワクチン不足
★2021年8月28日《ブラジル》ワクチン接種進展で死者感染者減=でもデルタ株感染拡大止まらず=接種終えても注意継続を
★2021年8月27日《ブラジル》国に先駆け州や市が補強接種=「計画無視すれば不足」と警告=抗体低下は全ワクチンで?
★2021年7月21日《ブラジル》予防接種開始から6カ月=ワクチン不足で接種率伸びず=過半数接種第1号はサンパウロ州


《サンパウロ市》「世界で31番目に魅力的」世界的な情報誌が選出 ニッケイ新聞WEB版より

サンパウロ市の主な観光地(Chronus, via Wikimedia Commons)

 サンパウロ市が世界的に有名な情報誌から、「世界で31番目に魅力的な市」として紹介されたことがわかった。南米では最高の街の評価だった。9日付現地サイトが報じている。
 これはイギリスに本拠を置く世界的な情報誌「タイム・アウト」の最新号が選んだもので、全世界2万7千人を対象に行った調査で上位に入った37市を掲載している。

 タイム・アウト誌はサンパウロ市を、「パンデミックにも関わらず、変化や活動を止めない街。ビルの壁面は鮮やかなグラフィティ・アート(グラフィッチ)で彩られ、創造的な作品を生み出すための新たな空間が常に生み出されている。美術館も再開し、新進気鋭のアーティストのショーなども行われている」と評している。

 1位に選ばれたのはサンフランシスコ(米国)で、アムステルダム(オランダ)、マンチェスター(イギリス)、コペンハーゲン(デンマーク)、ニューヨーク(米国)が上位5市を占めた。
 日本からは東京が10位に選ばれた。南米では、ブエノスアイレス(アルゼンチン)も35位に選ばれている。

★2019年5月22日《ブラジル》ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント
★2016年2月6日《ブラジル》【連載】軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第1回=明治3年頃に上陸、全伯公演?
★2020年5月19日《ブラジル》長崎市長が感謝のメッセージ=サンパウロ市カーニバルの原爆騒動に=県人会の意図を理解、賛同
★2019年3月7日《ブラジル》サンパウロ市カーニバル=駐在員や日系ダンサー続々=サンバ教室やツアー団体参加も
★2018年9月11日《ブラジル》特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏

《ブラジル》大統領派トラック野郎が〝暴走〟=7日デモの煽りで15州の街道閉鎖=大統領も解除呼びかけ=経済への悪影響に懸念  ニッケイ新聞WEB版より

ゼー・トロヴォン容疑者(Twitter)

 7日の独立記念日のブラジリアでの抗議活動に参加したボルソナロ大統領支持派のトラック運転手たちが、デモの後も三権広場に居残り、最高裁への侵入を試みたりしている。それに影響され、全国15州でトラック運転手たちが州道を封鎖して問題となっている。ボルソナロ大統領は経済への影響を恐れ、運転手たちに封鎖解除を命じているが、それすらかまわず〝暴走〟している。9日付現地紙、サイトが報じている。
 事の発端は、7日にブラジリアの三権広場の前での抗議活動にトラックごと入り込んで参加したトラック運転手たちが、解散後もその場を離れようとせず、最高裁への侵入を試みたことにある。彼らは最高裁判事の更迭を叫び、ボルソナロ大統領が求めたものの下院で却下された「印刷付き電子投票」(ヴォト・インプレッソ)の導入を主張。最高裁に入り込もうとしているが、連邦直轄区の軍警に止められた状態が続いている。
 すると、この行動に刺激されたトラック運転手たちが8日から、それぞれの州で州道や国道をトラックで塞ぐ行動に出て問題を大きくしている。インフラ省によると、9日朝8時の時点ではサンタカタリーナ州、リオ・グランデ・ド・スル州、パラナ州、エスピリトサント州、マット・グロッソ州、ゴイアス州、バイア州、ミナス・ジェライス州、トカンチンス州、リオ州、ロンドニア州、マラニョン州、ロライマ州、パラー州の国道で同様の動きが続いていたが、この時点での封鎖地点は同日未明より10%減ったという。

 連邦道路警察は、9日朝の時点でサンパウロ州とリオ州、エスピリトサント州、ゴイアス州、ミナス州の国道での封鎖解除に成功したとの報告も行っている。スト参加者には7日夜から運行停止を決め込んだタンクローリー車の運転手たちも混じっており、ガソリンスタンドでの燃料枯渇や、商品の配送停止などの混乱は、9日まで続いていた。

 トラック運転手による抗議行動といえば、2018年5月に起こったトラック・ストが記憶に新しい。だが、今回はそのときと異なり、トラック組合は何の指令も出していない。サンパウロ周辺地域貨物輸送業者組合(Setceb)のアントニオ・シケイラ副会長が、「ストなどフェイクニュースだ」と不快感を示したのをはじめ、トラック業界でも一部運転手たちの暴走行為に不満の声があがっている。
 企業家の間でも、今回の道路封鎖や運転手たちによる通常業務の放棄で、食品や薬品、燃料の補給などで大きな損害が出るかとの悲観的な観測が上がっている。
 こうした状況からボルソナロ大統領は8日夜、トラック運転手たちに向け「経済に影響が出るのでただちに封鎖をやめるように」との音声メッセージを流した。この声明に関し、タルシジオ・デ・フレイタス・インフラ相も、これが大統領本人のものであることを認めた。
 トラック運転手たちに封鎖を呼びかけ、現在、連邦警察から指名手配中のマルコス・アントニオ・ペレイラ・ゴメス(通称ゼー・トロヴォン)容疑者は8日夜、逃走先から「これが本当に大統領からの反応なのか」と失望の録画を発表。8日未明には、本当に封鎖解除を求めるなら、明確な日時も入れたビデオを発表することと、大統領支持派で連警の標的となっている人物への保護を要請した。
 同氏は、「政権擁護のデモを計画したことで自分の人生は破綻した」とも語っており、9日午後には、「今、メキシコにおり、まもなく捕まるだろう。もう逃げるのに疲れた」というビデオも流している。
 なお、ボルソナロ大統領は9日朝も、大統領官邸前で支持者たちからストについて聞かれ、「封鎖を解除するよう運転手たちと話す」と約束した。

★2021年9月9日《ブラジル》独立記念日デモ 大統領が最高裁を再び威嚇=抗議行動参加者は予想下回る=「国家審議会」開催を提唱も=政財界での罷免要求高まる
★2021年9月7日《ブラジル》独立記念日の大統領派デモが暴徒化する恐れ?=軍人や軍警が威嚇行為か=首都ホテルが前日から満杯=懸念する国際共同声明も
★2021年8月10日《ブラジル記者コラム》「大統領、選挙敗北ならクーデター」報道まで?!=最高裁判事に「娼婦の子」発言

《ブラジル》強盗事件の資金提供者を逮捕=アラサトゥーバ「恐怖の夜」の黒幕 ニッケイ新聞WEB版より

事件後の捜査で押収された爆発物など(Polícia Militar/Divulgação)

 サンパウロ州市警は7日夜、8月末にアラサトゥーバ市で起こった銀行強盗、殺人、誘拐(人質として)、爆破などの行為を行った強盗たちに資金提供を行っていたとされる容疑者を逮捕した。8日付現地サイトが報じている。
 今回逮捕されたのはパウロ・セーザル・ガブリル容疑者(33)で、7日夜、同州内陸部のソロカバ市でつかまった。同容疑者は強盗や殺人、麻薬密売の前科や逮捕歴があった。また、同容疑者夫人のミシェレ・マリア・ダ・シウヴァ(40)、エメルソン・エンリケ・ジアス(25)両容疑者も、ガブリル容疑者が指揮し、複数の州で活動している犯罪組織に所属し、麻薬密売や窃盗に関与していたとして逮捕されている。
 さらに同容疑者が所有していた高級車2台と、犯罪組織関連の書類も押収された。

 この事件は8月30日夜にアラサトゥーバ市内で発生した、20人の犯罪集団が行った三つの銀行での強盗、破壊行為、通行人の人質行為、20カ所以上に爆破物を仕掛けるなどの騒動で、このときの銃撃戦や爆破の混乱で3人が死亡、4人が重傷を負った。死者の1人は人質にとられた後、車のボンネットから振り落とされたため、銃弾を20発以上浴びせられ、即死した。
 また、事件後に発見された爆発物は98キロに及び、市民が通常の生活に戻るまでに数日を要した。アラサトゥーバは人口20万人ほどの閑静な街として知られるが、この日は町中が恐怖のどん底に陥っていた。
 ガブリル容疑者は犯罪集団に60万レアルもの資金提供を行った疑いを持たれている。

↑このページのトップヘ