私たちの50年!!

1962年5月11日サントス着のあるぜんちな丸第12次航で着伯。681名の同船者の移住先国への定着の過程を戦後移住の歴史の一部として残して置く事を目的とした私たちの40年!!と云うホームページを開設してい居りその関連BLOGとして位置付けている。

カテゴリ: ブラジル日系社会

長崎県人会=原爆犠牲者慰霊ミサしめやかに=「彼らの魂に永遠の安息を与え給え」 ブラジル日報WEB版より

 「広島、長崎の原子爆弾による犠牲者、第2次世界大戦の犠牲者、今も打ち続く戦争の犠牲者の苦しみをかえりみて、彼らの魂に永遠の安息を与え、絶えざる光を彼らの上に照らしたまわんことを」。サンパウロ市サンゴンサロ教会の14日午前8時からの日本語ミサで、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)の申し出により、被爆者への慰霊の祈りが行われ、共同祈願で冒頭の文言が唱えられた。ミサの様子はオンライン生中継された。
 ミサは山本伊三男神父が司祭を務め、約30人が参加した。山本司祭はルカによる福音書12章49―53節《あなたがたは、私が地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ》を朗読し、現在世論がボルソナロ派とルーラ派に両極化していると例証した。
 さらに「インフレが高まると金持ちはより豊かになり、貧困者はより貧乏になる。最低賃金で暮らしている者にとってインフレは10%余りではなく、80%を超えている。そう批判するものは権力者から憎まれる。だが言わなければならない使命がある」と語った。
 「広島長崎35万人の被爆者のために祈りましょう。どうしてこんなことが起こるかといえば、人間の欲です。それは神の国ではない」と続けた。
 最後に、県人会の森会長の代理として大河正夫さんが演壇に立ち、「今ウクライナにおいて悲惨な戦争が行われており、戦況によっては核兵器を使うことが示唆されています。被爆者はそのようなことが再び起きないように日々呼びかけ、お祈りしています」と述べ、核兵器の廃絶を呼び掛けた。
 ミサのあと、和田佐代子県人会副会長に話を聞くと「長崎からたくさんの被爆者がブラジルに来られたが、県人会員だった方の大半は亡くなった」と振り返り、「今年は県人会創立60周年だがパンデミックのために延期し、来年式年を行う予定です」と述べた。
 1959年渡伯の大河さんによれば「私が来た頃には、この教会でミサをやっていた。広島は仏式、長崎はカトリック式と分担していたようだ」という。62年の長崎県人会創立時にはすでに慰霊ミサは行われていたようだ。

《特別寄稿》誰も書かなかった日伯音楽交流史=坂尾英矩=15=リオの観衆を驚かせた大島守のハプニング ブラジル日報WEB版より

日本初のブラジル音楽専門評論家の凝った自宅

 ボサノーヴァによってブラジル音楽が知られるようになった日本の1960年代から80年代にかけて、音楽誌上やレコードジャケットなどへの執筆によって有名になった大島守氏は、自他共に許す日本で初めてのブラジル音楽専門評論家である。
 何しろ本人の言葉を借りれば「防空壕で手巻き竹針の蓄音機をかけてカルメン・ミランダを聴いていたんだ」なのだから誰でも圧倒される。突拍子もない発言で舌を巻かせる事がしばしばあった。
 現在日本の主立ったブラジル音楽関係者で横浜西戸部の丘にある大島宅参りをした人は少なくないだろう。先ず邸宅の門に「エスタソン・プリメイラ」という大きな札がかかっているのには驚かされる。これはリオの一流エスコーラ・デ・サンバ「マンゲイラ」の名前で、マンゲイラ丘のふもとの駅が始発駅の次なのでこの名前をつけたのである。
 また、この鉄製の札は19世紀のブラジルで使用されていた道標をサンパウロに一軒しか残っていない鍛冶屋へ注文作製した代物なのだ。
 私が大島邸を訪問した時にトイレを借りてドアを閉めた途端に、天井からサンバのリズムが流れ出したのには笑い出してしまった。その上アフリカ密教ウンバンダで使用する香料の香りが立ちこもっているのだから、ブラキチもここまで凝れば立派なもんだと感心したのである。

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 269
大島邸でショーロを合奏する筆者と大島氏

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 265
エリゼッチのアパート(1987年)、筆者と大島守(右)

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 266
大島守発行の日本最初もサンバ冊子

家系は越前松平藩の能楽師範、稀代の社交家

 この邸宅で大島氏はブラジル音楽を教えていたから防音設備も整っていた。1977年にブラジルの代表的女性歌手エリゼッチ・カルドーゾが本邦公演した際にはバンド全員が大島宅を訪問して、サシペレレの小野敏郎オーナーが腕を振るったモラエス・ビーフに舌づつみを打ちながらサンバ・セッション(ローダ・デ・サンバ)が始まったのである。
 この時部屋の隅でじっと聞き入っていたのが中学生の小野リサちゃんだった。それから45年経ってリサちゃんは日本のボサノーヴァ女王となり、小野、大島両氏は亡くなり、エリゼッチ、マエストロ・セルジオ、ドラムの大家ウイルソン・ダス・ネーヴェスも他界してしまった。
 ブラジル音楽評論で活躍した大島守氏の風変わりな一面については音楽業界でもあまり知られていない。音楽大学を中退して進駐軍回りのジャズコンボでギターを弾いていたことぐらいしか伝えられていないが、本業は日本橋「岡地」に勤めていた株屋さんで、心霊学に造詣が深く、家系は越前松平藩の能楽師範をつとめた上村太兵衛師匠の六代目なのである。
 私が驚いたのは彼の尋常ではない社交術だった。ポルトガル語がまだブロークン会話だったのに彼はエリゼッチ・カルドーゾが一番敬愛していた日本人であり、また酒をたしなまないのに酒豪バーデン・パウエルの親友だったなんて傑作な話である。
 訪日して大島氏と知り合ったブラジル人ミュージシャンはオーシマ・ファンになり文通を交わす仲となっているのだ。まだコンピューター時代前だから航空郵便である。大島氏が日伯音楽交流に残した偉大な足跡をたどると分厚い本になってしまうので、今回はひとつの逸話を紹介しよう。

突然マイク向けられ「カリニョーゾ」歌いきる

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 267
代表的ショーロ作曲家でバンドリン奏者、ジャコー・ド・バンドリン(Unknown authorUnknown author, CC0, via Wikimedia Commons)

 ブラジルの代表的ショーロ作曲家でバンドリン奏者、ジャコー・ド・バンドリンの未亡人アディリアさんをエリゼッチから紹介されて以来、大島さんはジャコーの家族と親交が始まり、リオを訪れる度に家族と会食したり歯科医の娘さんが運転する車で市内を案内してもらったりしていた。
 彼はジャコーが愛用していたライカ・カメラや万年筆、バンドリンのピックなどを贈られて「家宝だよ」と言っていた。ある時、アディリア夫人はジャコーのバンドが死後に再編成されたのでコンサートへ大島さんをさそった。会場のFUNARTE(文化省芸術基金)ホールで、アディリアさんは多くの知人と挨拶しなければならなかったが、その人達はジャコー未亡人と同伴の日本人は一体何者?と怪訝な目で大島氏を見たそうである。
 そもそもリオ州の住人は1950年代前半まで日本人とはあまりコンタクトが無かったので、日本人を見てもシネース(中国人)と呼んでいた。リオ・デ・ジャネイロは1763年から首都となって近代都市としての形成が始まり、サンバもショーロも当地から発展したので文化の中心地という誇りを持っていた。
 だから自分たちの芸術と日本人を結びつける発想が浮かばなかったのは無理もない。その日の客演歌手はブラジルのショーロ女王とされていたアデミルデ・フォンセッカだった。
 歌う曲目がピシンギーニャの名曲「カリニョーゾ」になった時、ステージ真ん前の招待席へ歌いながら下りてきたアデミルデが、マイクをいきなり大島さんに向けたのである。すると彼は顔色ひとつ変えずにボソボソっとしたしゃがれ声で最後まで歌ったのである。
 司会者が「彼は日本からの訪問客です」というようなアナウンスをしたら大きな拍手が沸いたそうである。カリオカ文化圏の人々にとって、地球の反対側の日本人がブラジルの名曲をポ語で歌いこなすなんて信じられない現象だった。アデミルデも感嘆して「パラベンス(おめでとう)」と言った。

ブラジル人有名アーティストに惜しまれながら永眠

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 268
片山叔美のCDに参加したアデミルデの賛辞(2009年)

 舞台は一転して大島氏死後の話になる。群馬県玉村の片山叔美ふるさと大使は、日本のショーロ女王的存在であるが、2000年頃ショーロを初めて聴いて惚れ込み、ブラジルへ勉強しに行く決心をした。
 唯一の手がかりとなったショーロ女王アデミルデ・フォンセッカの自宅へ電話して研修方法を問い合わせたところ、思いがけなく「家へ来なさい」という答えが即座に返ってきたのである。
 突然電話した遠い国の見知らぬ娘を好意的に自宅へ同居させてショーロを教えるなんて、有名人アデミルデの善意に誰でも感心するが、私にはアデミルデの心情が理解できるような気がするのである。
 それは第一にショーロ・コンサートで大島氏との出会いによって、日本人の性格やブラジル音楽に対する熱情に感銘を受けた経験があること。第二はブラジルの若い世代の好みがボーダーレスとなり自国の芸術に対する無関心さに憂えていたこと、などが影響していると思う。
 それからもう一つ。心霊学者の大島氏が片山叔美ふるさと大使の背後霊となって導いたと言ったら笑われるだろうか?
 1997年7月12日、横浜の郊外で大島守氏は永眠した。享年68歳、ブラジルの音楽界で非常に惜しまれ多くの追悼文が寄せられた。
 大島氏が芸名の名付け親だったポップスター、パトリシア・マルクスは部屋にこもってオイオイと泣いた。
 ブラジル文化史の大家、ジョゼ・ラモス・チニョロン先生は「マモル・オーシマの死はブラジル音楽にとって大きな損失だ。良い話し相手を失くしてしまった」と電話をかけてきた。
 ジンボ・トリオは下記の弔文を送っている。
 《ブラジル音楽は、ほんの少数の人に大変な世話になっている。その一人は日本で30年間もブラジル音楽のために貢献したわれらの友人、大島守である。彼がいてくれたことは幸いであった。 サウダーデス》
       ジンボ・トリオ(アミルトン・ゴドイ)サンパウロ、1997年7月25日

第73回名人戦を開催=ブラジル将棋連盟、27日 ブラジル日報WEB版より

 ブラジル将棋連盟(ジェームス・マン・デ・トレド会長)は27、28日の両日、「第73回ブラジル名人戦」と「第1回早指し名人戦」をサンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル日本棋院(住所:Rua Dr. Fabrício Vampre 116)にて開催する。
 27日は、級位者から四段者までを対象とする名人戦予選会。参加料は40レアルで、午後12時~12時半までに会場にて参加申し込みを行う。優勝者は翌日の本戦へ進むことが出来る。
 28日は、五段以上の人と予選優勝者が参加する名人戦本戦となる。参加費は60レ、午前9時~9時半までに会場にて参加申し込みを行う。土曜日に参加できなかった人は段位が足りなくても参加可能。
 「第1回早指し名人戦」は27日に行われ、参加料は40レ、午後12時~12時半までに会場にて参加申し込みを行う。
 ジェームス会長は「3年ぶりの対面式での将棋大会です。ぜひ楽しみに来てください」と参加を呼び掛けた。

ビラ・カロン=3年ぶり開催で盛況博す=第18回沖縄まつり ブラジル日報WEB版より

 ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部(仲宗根ジョアン支部長)主催の第18回沖縄まつりが6、7日の2日間にわたって、サンパウロ市ビラ・カロン区のハロルド・ダウトロ公園で開催された。新型コロナ感染拡大の影響で、同祭開催は3年ぶり。両日とも曇天で肌寒い天候だったにも関わらず、会場には多くの来場者が詰めかけ、沖縄の文化と芸能、郷土食などを楽しんだ。

 会場内の特設舞台では、琉球民謡や琉球舞踊、レキオス芸能同好会や琉球國祭り太鼓によるエイサー太鼓、沖縄空手の演武などが披露された。また、約120店におよぶ出店により、沖縄そば、ヒージャー汁(山羊汁)、サーターアンダギー、タコライスなどの郷土料理も販売され、食事時には各店とも長蛇の列に並ぶ人々で、ごった返した。
 さらに、文化スペースでは、名護市や那覇市など沖縄県内16市町村の情報や郷土品等を紹介する「エキスポ沖縄市町村」も開かれ、沖縄文化に関する各種講演や料理のワークショップが来場者の注目を集めていた。
 6日午後5時半頃から行われた開会式には、仲宗根支部長、比嘉テツオ実行委員長、高良律正ブラジル沖縄県人会本部会長、西尾ロベルト・ブラジル日本文化福祉協会副会長、税田パウロ清七サンパウロ日伯援護協会会長、日系市議、サンパウロ市関係者らが出席した。
 仲宗根支部長は開会あいさつで、コロナ禍により同祭が2年間中止されていたことに言及。今回の沖縄まつりがサンパウロ市や各種スポンサーをはじめ、支部関係者、ボランティアの人々の協力で3年ぶりに再開できたことに感謝の気持ちを表し、「この2日間、皆さんに楽しんでいただきたい」と述べた。

000000 1 a 1 a brasil nixtupou web 244
来場者でごった返す販売ブース

 比嘉実行委員長は同祭のテーマが「命(ぬち)どぅ宝(命こそが大切な宝であること)」であると説明し、沖縄文化を紹介することで、次世代に伝統を引き継いでいくことの大切さを強調した。
 来賓の祝辞が続いた後、舞台上で「鏡割り」を実施。高良会長の乾杯の音頭で「ビーバ、サウーデ、乾杯」と杯が掲げられた。
 2019年以来、2回目の来場だという原国政竹(はらぐに・まさたけ)さん(79、那覇市出身)は、夫人の友人がサンパウロ州アララクアラ方面からサンパウロ市に出てくるというので、同祭会場で久々に会うことになっているという。現在、日本とブラジルを行ったり来たりする生活をしているという原国さんは、「ブラジルはいい国だが、治安が悪い。政治がしっかりせんとね」と率直な気持ちを話した。
 サンパウロ市サンマテウス地区に住む島袋安雄さん(78、浦添市出身)は、義兄の仲西盛幸(せいこう)さん(81)と、自身の娘、孫たちと3世代の大家族で参加。「いやー、すごい人ですね」と来場者の多さに驚いた。
 ボリビア沖縄県人会長の比嘉徹さん(57、2世)は、「これまでブラジルには10回以上、来ていますが、沖縄まつりに参加するのは初めてです。以前からこのイベントのことを聞いてはいましたが、実際に目の当たりにして、規模の大きさにびっくりしています」と話した。

レジストロ盆踊り大会、13日 ブラジル日報WEB版より

 レジストロ日伯文化協会とレジストロ本派本願寺は、13日午後6時から午後11時まで、「第61回レジストロ盆踊り」をサンパウロ州レジストロ市の同寺(Av.Estados Unidos,50 – Templo Budista)にて開催する。参加費無料。レジストロ市役所後援。
 同盆踊り大会は昨年、コロナ禍のためオンラインでの開催となったが、今年は対面形式で開催する。会場では、レジストロ文協と琉球國祭り太鼓による太鼓演奏や、同文協民謡大和会による演目披露が行われ、来場者へまんじゅうの無料配布も行われる。

↑このページのトップヘ